Pavocoin - AgTech生態系のIoTブロックチェーン

IoTとBlockchainの最先端技術と作物栽培の豊富な経験を結集し、高度に技術化された作物の栽培、加工、流通に焦点を当てた農業(Ag)のエコシステムを提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PAVO
開始日時
2018-04-12
終了日時
2018-06-11
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
65,000,000 USD
初回価格
1 PAVO = 1 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Pavocoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • $5,000 - 33%
  • $10,000 - 45%
  • $5,000 - 33%
  • 06.12-06.16 - 25%
  • 06.17-06.23 - 18%
  • 06.24-06.30 - 11%
  • 07.01-07.07 - 5%
  • 07.08-07.14 - 0%

概要

業界の問題を解決する Pavo の機能:

種子から販売までの法令遵守を支援するソフトウェアソリューション。

栽培者が労働、供給、電力のコストをより適切に管理するのに役立つソリューション。

栽培者が製品や試験結果をより正確に把握し、安全で高品質かつ環境にやさしい製品の提供者として自らをブランド化する方法。

現金取引の問題と危険性を未然に防ぐ安全なデジタル仮想通貨。

チーム すべてを見る

Allan Young
Allan Young
Co-founder and Vice-Chairman
Erhan Cakmak
Erhan Cakmak
CEO & Co-Founder
Ari Gorman
Ari Gorman
CTO
Dave Dabbah
Dave Dabbah
CMO
Atakan Cetinsoy
Atakan Cetinsoy
VP Product Management
David Howard
David Howard
VP Corporate Strategy

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他