Pavocoin - AgTech生態系のIoTブロックチェーン

IoTとBlockchainの最先端技術と作物栽培の豊富な経験を結集し、高度に技術化された作物の栽培、加工、流通に焦点を当てた農業(Ag)のエコシステムを提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PAVO
開始日時
2018-04-12
終了日時
2018-06-11
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
65,000,000 USD
初回価格
1 PAVO = 1 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Pavocoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • $5,000 - 33%
  • $10,000 - 45%
  • $5,000 - 33%
  • 06.12-06.16 - 25%
  • 06.17-06.23 - 18%
  • 06.24-06.30 - 11%
  • 07.01-07.07 - 5%
  • 07.08-07.14 - 0%

概要

業界の問題を解決する Pavo の機能:

種子から販売までの法令遵守を支援するソフトウェアソリューション。

栽培者が労働、供給、電力のコストをより適切に管理するのに役立つソリューション。

栽培者が製品や試験結果をより正確に把握し、安全で高品質かつ環境にやさしい製品の提供者として自らをブランド化する方法。

現金取引の問題と危険性を未然に防ぐ安全なデジタル仮想通貨。

チーム すべてを見る

Allan Young
Allan Young
Co-founder and Vice-Chairman
Erhan Cakmak
Erhan Cakmak
CEO & Co-Founder
Ari Gorman
Ari Gorman
CTO
Dave Dabbah
Dave Dabbah
CMO
Atakan Cetinsoy
Atakan Cetinsoy
VP Product Management
David Howard
David Howard
VP Corporate Strategy

人気STO/ICO記事

  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使