Pavocoin - AgTech生態系のIoTブロックチェーン

IoTとBlockchainの最先端技術と作物栽培の豊富な経験を結集し、高度に技術化された作物の栽培、加工、流通に焦点を当てた農業(Ag)のエコシステムを提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PAVO
開始日時
2018-04-12
終了日時
2018-06-11
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
65,000,000 USD
初回価格
1 PAVO = 1 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Pavocoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • $5,000 - 33%
  • $10,000 - 45%
  • $5,000 - 33%
  • 06.12-06.16 - 25%
  • 06.17-06.23 - 18%
  • 06.24-06.30 - 11%
  • 07.01-07.07 - 5%
  • 07.08-07.14 - 0%

概要

業界の問題を解決する Pavo の機能:

種子から販売までの法令遵守を支援するソフトウェアソリューション。

栽培者が労働、供給、電力のコストをより適切に管理するのに役立つソリューション。

栽培者が製品や試験結果をより正確に把握し、安全で高品質かつ環境にやさしい製品の提供者として自らをブランド化する方法。

現金取引の問題と危険性を未然に防ぐ安全なデジタル仮想通貨。

チーム すべてを見る

Allan Young
Allan Young
Co-founder and Vice-Chairman
Erhan Cakmak
Erhan Cakmak
CEO & Co-Founder
Ari Gorman
Ari Gorman
CTO
Dave Dabbah
Dave Dabbah
CMO
Atakan Cetinsoy
Atakan Cetinsoy
VP Product Management
David Howard
David Howard
VP Corporate Strategy

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ