PARSIQ - 次世代のブロックチェーン監視およびコンプライアンスソリューション

PARSIQの究極の目標は、暗号通貨ビジネスが規制順守に付いてつくのを支援することにより、ブロックチェーンテクノロジーの大量採用を推進することです。 暗号通貨ビジネス、銀行、規制当局の間で確立される必要がある対話がまだあると信じています。 PARSIQを使用すると、ブロックチェーン固有の資産管理のための追加のセキュリティレイヤーを使用して、ブロックチェーンインフラストラクチャを既存のビジネスに簡単に統合できます。 私たちは、ブロックチェーンのデータストリームを理解し、操作する能力を全員に提供したいと考えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PRQ
開始日時
2019-09-15
終了日時
2019-10-15
最高目標
5,250,000 EUR
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of PARSIQ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PARSIQは、ユニバーサルブロックチェーンの解析および監視ツールです。このツールは、ブロックチェーンのトランザクション履歴の分析ビューを提供します。また、アカウント、トランザクション、および関連するブロックチェーンの状態をリアルタイムで監視します。    ビッグデータ分析技術と機械学習アルゴリズムを使用したトランザクションツリーの高度な解析と処理は、ブロックチェーン資産の動きに関する詳細な洞察を提供します。    このプラットフォームは、最終的に複数のブロックチェーンで機能し、さまざまなユースケースに合わせて多くのアプリケーションを提供することを目的としたモジュール設計を実装します。 PARSIQは、その核となる部分で、誰もがアクセスおよび拡張できるオープンプラットフォームとして設計されています。    PARSIQは、暗号通貨およびブロックチェーンエコシステムでの不十分な監視および分析ツールの可用性の問題を解決します。集中型構造から信頼性の低い分散型アーキテクチャへの移行に伴って行われた資産および金融インフラストラクチャの再編成により、デジタル資産および取引に関する情報が入手しにくくなっています。これは、ほとんどのブロックチェーンの疑似匿名性が原因の1つですが、主にツールのサポートがないためです。    PARSIQは、包括的でモジュール式のブロックチェーン分析プラットフォームを提供することにより、このツールサポートの欠如に対処します。    このシステムは、中央集中型コンポーネントと分散型コンポーネントの組み合わせとして実装され、高性能トランザクションバックログ処理サービスと未確認トランザクションのリアルタイム分散監視を組み合わせています。    最下位レベルでは、PARSIQは個々のブロックチェーンをリアルタイムで監視し、トランザクションをイベントタイプに分類できる計装された仮想マシンを介してトランザクションリプレイを提供します。結果のイベントは、フォレンジックおよび分析の目的、またはユーザー固有のリアルタイム監視サービスのトリガーとして使用できます。

チーム すべてを見る

Anatoly Ressin
Anatoly Ressin
Co-Founder Chief Blockchain Architect
Simon Yakunin
Simon Yakunin
Blockchain Lead Engineer
Alan Durnev
Alan Durnev
CTO
Andre Kalinowski
Andre Kalinowski
Co-Founder Digital Forensics Engineer
Hendrik Henrikson
Hendrik Henrikson
CBDO
Oleg Kertanov
Oleg Kertanov
Senior Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。期間:〜〆12/22(日)23時条件:新
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in