KardiaChain - ブロックチェーンのブロックチェーン

私たちは、ブロックチェーンが人々、投資する機会、ビジネスを始める機会、仕事をする機会、そして社会的に移動可能な機会に人々がアクセスできる世界に平等な機会を生み出すことができると信じています。 当社の技術は、大量採用、ユースケースの拡大、そしてブロックチェーンエコシステムの基盤の構築を支援します。 分散アプリケーション(Dapps)用のブロックチェーンプラットフォームを構築し、異なるブロックチェーンの拡張と接続を可能にするブロックチェーンエコシステムの構築を支援します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
KAI
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KardiaChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

テクノロジー

デュアルノード

デュアルマスターノードは、2つのチェーンの元帳データ(KardiaChainと別の選択されたチェーン)に同時にアクセスして、両方のチェーンから何も妥協することなく外部チェーンとKardiaChain元帳の間のトランザクションを受信できます。

インセンティブメカニズムによる弾性粉砕(ESWIM)

コストとスピードを最適化するために、トランザクションルーティングでアルゴリズム的アプローチを利用します。 最高のネットワークは、提出された時点で達成されたパフォーマンスが最善であることを確認するために選ばれます。

カルディアスマートコントラクトマークアップ言語(KSML)

重要な学習曲線や事前の経験を必要とせずに、開発者がKardiaChain上でスマートコントラクトを作成するための究極のツール。

チーム すべてを見る

Tri Pham
Tri Pham
CEO/ CO-FOUNDER
Hung Nguyen
Hung Nguyen
CHAIRMAN/ CO-FOUNDER
Huy Nguyen
Huy Nguyen
CO-FOUNDER
Son Tran
Son Tran
CO-FOUNDER
Thien Nguyen
Thien Nguyen
TECH LEAD
Nam Do
Nam Do
TECH LEAD

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他