KardiaChain - ブロックチェーンのブロックチェーン

私たちは、ブロックチェーンが人々、投資する機会、ビジネスを始める機会、仕事をする機会、そして社会的に移動可能な機会に人々がアクセスできる世界に平等な機会を生み出すことができると信じています。 当社の技術は、大量採用、ユースケースの拡大、そしてブロックチェーンエコシステムの基盤の構築を支援します。 分散アプリケーション(Dapps)用のブロックチェーンプラットフォームを構築し、異なるブロックチェーンの拡張と接続を可能にするブロックチェーンエコシステムの構築を支援します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
KAI
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of KardiaChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

テクノロジー

デュアルノード

デュアルマスターノードは、2つのチェーンの元帳データ(KardiaChainと別の選択されたチェーン)に同時にアクセスして、両方のチェーンから何も妥協することなく外部チェーンとKardiaChain元帳の間のトランザクションを受信できます。

インセンティブメカニズムによる弾性粉砕(ESWIM)

コストとスピードを最適化するために、トランザクションルーティングでアルゴリズム的アプローチを利用します。 最高のネットワークは、提出された時点で達成されたパフォーマンスが最善であることを確認するために選ばれます。

カルディアスマートコントラクトマークアップ言語(KSML)

重要な学習曲線や事前の経験を必要とせずに、開発者がKardiaChain上でスマートコントラクトを作成するための究極のツール。

チーム すべてを見る

Tri Pham
Tri Pham
CEO/ CO-FOUNDER
Hung Nguyen
Hung Nguyen
CHAIRMAN/ CO-FOUNDER
Huy Nguyen
Huy Nguyen
CO-FOUNDER
Son Tran
Son Tran
CO-FOUNDER
Thien Nguyen
Thien Nguyen
TECH LEAD
Nam Do
Nam Do
TECH LEAD

人気STO/ICO記事

  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ