PARSIQ - 次世代のブロックチェーン監視およびコンプライアンスソリューション

PARSIQの究極の目標は、暗号通貨ビジネスが規制順守に付いてつくのを支援することにより、ブロックチェーンテクノロジーの大量採用を推進することです。 暗号通貨ビジネス、銀行、規制当局の間で確立される必要がある対話がまだあると信じています。 PARSIQを使用すると、ブロックチェーン固有の資産管理のための追加のセキュリティレイヤーを使用して、ブロックチェーンインフラストラクチャを既存のビジネスに簡単に統合できます。 私たちは、ブロックチェーンのデータストリームを理解し、操作する能力を全員に提供したいと考えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PRQ
開始日時
2019-09-15
終了日時
2019-10-15
最高目標
5,250,000 EUR
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of PARSIQ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PARSIQは、ユニバーサルブロックチェーンの解析および監視ツールです。このツールは、ブロックチェーンのトランザクション履歴の分析ビューを提供します。また、アカウント、トランザクション、および関連するブロックチェーンの状態をリアルタイムで監視します。    ビッグデータ分析技術と機械学習アルゴリズムを使用したトランザクションツリーの高度な解析と処理は、ブロックチェーン資産の動きに関する詳細な洞察を提供します。    このプラットフォームは、最終的に複数のブロックチェーンで機能し、さまざまなユースケースに合わせて多くのアプリケーションを提供することを目的としたモジュール設計を実装します。 PARSIQは、その核となる部分で、誰もがアクセスおよび拡張できるオープンプラットフォームとして設計されています。    PARSIQは、暗号通貨およびブロックチェーンエコシステムでの不十分な監視および分析ツールの可用性の問題を解決します。集中型構造から信頼性の低い分散型アーキテクチャへの移行に伴って行われた資産および金融インフラストラクチャの再編成により、デジタル資産および取引に関する情報が入手しにくくなっています。これは、ほとんどのブロックチェーンの疑似匿名性が原因の1つですが、主にツールのサポートがないためです。    PARSIQは、包括的でモジュール式のブロックチェーン分析プラットフォームを提供することにより、このツールサポートの欠如に対処します。    このシステムは、中央集中型コンポーネントと分散型コンポーネントの組み合わせとして実装され、高性能トランザクションバックログ処理サービスと未確認トランザクションのリアルタイム分散監視を組み合わせています。    最下位レベルでは、PARSIQは個々のブロックチェーンをリアルタイムで監視し、トランザクションをイベントタイプに分類できる計装された仮想マシンを介してトランザクションリプレイを提供します。結果のイベントは、フォレンジックおよび分析の目的、またはユーザー固有のリアルタイム監視サービスのトリガーとして使用できます。

チーム すべてを見る

Anatoly Ressin
Anatoly Ressin
Co-Founder Chief Blockchain Architect
Simon Yakunin
Simon Yakunin
Blockchain Lead Engineer
Alan Durnev
Alan Durnev
CTO
Andre Kalinowski
Andre Kalinowski
Co-Founder Digital Forensics Engineer
Hendrik Henrikson
Hendrik Henrikson
CBDO
Oleg Kertanov
Oleg Kertanov
Senior Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • バイナンス、日本居住者の取引機能を制限予定

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが16日、ホームページを通じ後日、日本居住のユーザーを対象に取引機能を制限する予定と発表した。詳細の内容はまだ、決まっておらず追って連絡するとのこと。バイナンスは過去に日本語でサービス提供をしていたが2018年3月、金融庁から無許可営業を行ったとしてを受けたことがある。(2018年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨交換業者登録が必要になったため)その後、日本語でのサービスは中止し、営業をしてきた。一部のメディアは今年の春に施行が予定されている資金決済法及び金商法改正の影響が今回の取引機能の制限に繋がったと予測している。<ins></ins>比較記事を読
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規