Ontology - 新しいパブリックマルチチェーンプロジェクト

オントロジーは、新高性能パブリックマルチチェーンプロジェクトであり、分散型信用共同プラットフォームです。 オントロジーは、一連の分散型台帳システムとスマートコントラクトシステムを含む、新高性能パブリックブロックチェーンを提供しています。 オントロジーブロックチェーンフレームワークは、パブリックブロックチェーンシステムをサポートしており、異なるアプリケーションに対して、さまざまなパブリックブロックチェーンをカスタマイズできます。オントロジーは、多種多様なプロトコルグループを持つチェーンネットワーク間の連結をサポートします。 オントロジーは、分散型デジタルアイデンティティフレームワーク、分散型データ交換プロトコルなどのような異なる種類の分散化シナリオのために、基盤となるインフラストラクチャに常に共通のモジュールを提供しています。特定のシナリオ要件に基づいて、オントロジーは新しいコモンモジュールの開発を継続します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ONT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ontology?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

歴史を通じて、人々は技術、法の支配、コミュニティを通じて信頼を確立しています。

しかし、エンティティ間の信頼とコラボレーションには、複数のソースと分離されたシステムが関係していて、コストがかかる可能性があるため、コラボレーションの可能性の幅と深さが損なわれます。この技術は近年大きく進歩しましたが、あまりにも多くの要因が依然として信頼関係を妨げています。これには、信頼システムの断片化、個人の役割の欠如、不正確な身元確認、誤った情報の紛争などが含まれます。社会ガバナンス、経済協力、金融サービスなどの分野では、信頼を確立するコストは膨大です。

分散型改ざん防止ブロックチェーンは、テクノロジーを通じて特定の業界に信頼をもたらしましたが、多様な信頼システムとアプリケーションを単一の新しい信頼エコシステムに結合するために、さらに統合的なメカニズムが必要です。

オントロジーは、信頼性とデータソースを効果的に調整し、分散アプリケーション開発のためのインフラストラクチャを提供することで、信頼エコシステムの接続インフラストラクチャを確立します。

チーム

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし