Ontology - 新しいパブリックマルチチェーンプロジェクト

オントロジーは、新高性能パブリックマルチチェーンプロジェクトであり、分散型信用共同プラットフォームです。 オントロジーは、一連の分散型台帳システムとスマートコントラクトシステムを含む、新高性能パブリックブロックチェーンを提供しています。 オントロジーブロックチェーンフレームワークは、パブリックブロックチェーンシステムをサポートしており、異なるアプリケーションに対して、さまざまなパブリックブロックチェーンをカスタマイズできます。オントロジーは、多種多様なプロトコルグループを持つチェーンネットワーク間の連結をサポートします。 オントロジーは、分散型デジタルアイデンティティフレームワーク、分散型データ交換プロトコルなどのような異なる種類の分散化シナリオのために、基盤となるインフラストラクチャに常に共通のモジュールを提供しています。特定のシナリオ要件に基づいて、オントロジーは新しいコモンモジュールの開発を継続します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ONT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ontology?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

歴史を通じて、人々は技術、法の支配、コミュニティを通じて信頼を確立しています。

しかし、エンティティ間の信頼とコラボレーションには、複数のソースと分離されたシステムが関係していて、コストがかかる可能性があるため、コラボレーションの可能性の幅と深さが損なわれます。この技術は近年大きく進歩しましたが、あまりにも多くの要因が依然として信頼関係を妨げています。これには、信頼システムの断片化、個人の役割の欠如、不正確な身元確認、誤った情報の紛争などが含まれます。社会ガバナンス、経済協力、金融サービスなどの分野では、信頼を確立するコストは膨大です。

分散型改ざん防止ブロックチェーンは、テクノロジーを通じて特定の業界に信頼をもたらしましたが、多様な信頼システムとアプリケーションを単一の新しい信頼エコシステムに結合するために、さらに統合的なメカニズムが必要です。

オントロジーは、信頼性とデータソースを効果的に調整し、分散アプリケーション開発のためのインフラストラクチャを提供することで、信頼エコシステムの接続インフラストラクチャを確立します。

チーム

人気STO/ICO記事

  • リップル、Coinbaseとのパートナーシップ締結説が拡散・・XRP上昇原因

    海外の仮想通貨メディアによると、米国の仮想通貨取引所Coinbaseとリップルがパートナーシップを締結したかもしれないという噂が拡散されている。リップルの機関市場の責任者「Breanne Madigan」が最近、フランスのパリで開かれたOECDグロバールブロックチェーン政策フォーラムでCoinbaseについて直接的なコメントをしたのが原因だ。同責任者はフォーラムで「我々はマネーグラムとパートナーシップを締結した。米国に住んでいる人がメキシコに送金したい場合は米国のCoinbaseのような取引所でドルがXRPに交換され、国境を超えBitsoのようなメキシコの現地取引所に送金される。その次にBit
  • ICBウォレットも持ち逃げか・・一部の資金は現金化済み

    中国・韓国の多数のメディアによると、仮想通貨ウォレットサービスICBウォレットを運営するICCの「持ち逃げ」が疑われている。メディアによると、ICBウォレットは本日(19日)午前、「弊社に対するメディアの悪意を持つ攻撃によりユーザーから信頼を失った」と述べ、「この期間中に出金申請が多くなり、システムに負荷がかかった」と説明した。<ins></ins>また、現在はシステム復旧中につき、出金・配当サービスを一時停止するとアナウンスされている。ICCはシステム点検やアップデートを理由に以前も数回、出金を停止していたことがあったとメディアは説明した。同メディアはブロックチェーンセキュルティー企業「Pe
  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>