Ontology - 新しいパブリックマルチチェーンプロジェクト

オントロジーは、新高性能パブリックマルチチェーンプロジェクトであり、分散型信用共同プラットフォームです。 オントロジーは、一連の分散型台帳システムとスマートコントラクトシステムを含む、新高性能パブリックブロックチェーンを提供しています。 オントロジーブロックチェーンフレームワークは、パブリックブロックチェーンシステムをサポートしており、異なるアプリケーションに対して、さまざまなパブリックブロックチェーンをカスタマイズできます。オントロジーは、多種多様なプロトコルグループを持つチェーンネットワーク間の連結をサポートします。 オントロジーは、分散型デジタルアイデンティティフレームワーク、分散型データ交換プロトコルなどのような異なる種類の分散化シナリオのために、基盤となるインフラストラクチャに常に共通のモジュールを提供しています。特定のシナリオ要件に基づいて、オントロジーは新しいコモンモジュールの開発を継続します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ONT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ontology?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

歴史を通じて、人々は技術、法の支配、コミュニティを通じて信頼を確立しています。

しかし、エンティティ間の信頼とコラボレーションには、複数のソースと分離されたシステムが関係していて、コストがかかる可能性があるため、コラボレーションの可能性の幅と深さが損なわれます。この技術は近年大きく進歩しましたが、あまりにも多くの要因が依然として信頼関係を妨げています。これには、信頼システムの断片化、個人の役割の欠如、不正確な身元確認、誤った情報の紛争などが含まれます。社会ガバナンス、経済協力、金融サービスなどの分野では、信頼を確立するコストは膨大です。

分散型改ざん防止ブロックチェーンは、テクノロジーを通じて特定の業界に信頼をもたらしましたが、多様な信頼システムとアプリケーションを単一の新しい信頼エコシステムに結合するために、さらに統合的なメカニズムが必要です。

オントロジーは、信頼性とデータソースを効果的に調整し、分散アプリケーション開発のためのインフラストラクチャを提供することで、信頼エコシステムの接続インフラストラクチャを確立します。

チーム

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本