Omnilytics Platformは、グローバルな集約データセットを処理し、人工知能とさまざまな業界の機械学習ツールを組み合わせた分散データネットワークです。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OMN
最低目標
20,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
1 ETH = 8,000 OMN
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Omnilytics Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOmnilytics
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Omnilyticsは、分散データネットワークを構築しました。 すべての業界のデータセットを集約し、群集と人工知能を組み合わせて、無限のユースケースを持つ特異処理データセットを作成します。 これにより、私たちは全ての人にエンタープライズ・グレードのデータと機械学習ツールを提供します。 複数のチェーン、ネットワーク、コミュニティで機能する予定です。 Omnilytics社は、戦略的な投資とパートナーシップを通じてエコシステムを開発しており、あらゆる業種の世界的なデータインフラを提供します。Omnilytics Platformは、データがどのように集約され、処理され、利用されるかの新しいフロンティアです。

Omnilyticsは、集約された特異データセットのおかげで、業界固有の独占禁止法の規制に制限されず、データを利用するすべての企業の支援の柱となります。 Omnilyticsユーザーに必要なデータへのアクセスを提供します。

チーム すべてを見る

Darius Sit
Darius Sit
Trading Advisor
Geoffray Arone
Geoffray Arone
Ex-Chief Scientist at Experian
Kenneth Oh
Kenneth Oh
Legal Advisor
Eli-Shaoul Khedouri
Eli-Shaoul Khedouri
Human Protocol
Willson Cuaca
Willson Cuaca
Venture Capital
Kendrick Wong
Kendrick Wong
CEO, Co-Founder

人気ICO記事

  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場
  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず