Omnilytics Platformは、グローバルな集約データセットを処理し、人工知能とさまざまな業界の機械学習ツールを組み合わせた分散データネットワークです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OMN
最低目標
20,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
1 ETH = 8,000 OMN
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Omnilytics Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOmnilytics
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Omnilyticsは、分散データネットワークを構築しました。 すべての業界のデータセットを集約し、群集と人工知能を組み合わせて、無限のユースケースを持つ特異処理データセットを作成します。 これにより、私たちは全ての人にエンタープライズ・グレードのデータと機械学習ツールを提供します。 複数のチェーン、ネットワーク、コミュニティで機能する予定です。 Omnilytics社は、戦略的な投資とパートナーシップを通じてエコシステムを開発しており、あらゆる業種の世界的なデータインフラを提供します。Omnilytics Platformは、データがどのように集約され、処理され、利用されるかの新しいフロンティアです。

Omnilyticsは、集約された特異データセットのおかげで、業界固有の独占禁止法の規制に制限されず、データを利用するすべての企業の支援の柱となります。 Omnilyticsユーザーに必要なデータへのアクセスを提供します。

チーム すべてを見る

Darius Sit
Darius Sit
Trading Advisor
Geoffray Arone
Geoffray Arone
Ex-Chief Scientist at Experian
Kenneth Oh
Kenneth Oh
Legal Advisor
Eli-Shaoul Khedouri
Eli-Shaoul Khedouri
Human Protocol
Willson Cuaca
Willson Cuaca
Venture Capital
Kendrick Wong
Kendrick Wong
CEO, Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・