Ommer - マイクロ投資プラットフォーム

私たちは、世界の何十億ドルにもマイクロ投資を導入するという使命があります。 どこにいるか、持ってるお金にかかわらず、世界の金融市場に参加することができます。 このビジョンを実現するために、公募株式をトークン化し、最小限の手数料でマイクロ資を可能にします。 ユーザーは、免許を有するブローカーの分散型ネットワークを介して世界中の機会にアクセスすることができます。 ブロックチェーンとスマートコントラクトの使用により、コンプライアンスリスク、取引リスク、カウンターパーティリスクが最小限に抑えられます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OMR
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
23,500,000 USD
初回価格
1 OMR = 0.6 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Ommer?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

物事を迅速かつ便利に処理したいと望む技術に精通したミレニアムは、貯蓄に投資する際にいくつかの挫折に直面する可能性があります。株式や債券などの市場従来の資産クラスに投資するには、開始する前に、フォームを記入して証券会社を選択するなどのいくつかの作業が必要です。

さらに、実質的かつ安定した配当を生み出す魅力的な株式は、大きな初期費用と最小限のロットサイズを必要とし、ミレニアムの手が届かない投資になってしまいました。銀行口座開設には5分もかかりませんが、貯蓄金利は低すぎるため実行可能な長期投資とはみなされません。

過去2年間のバーチャル通貨の流行は、ビットコインやその他の同様の通貨を投機的な活動になってしまいました。しかし、バーチャル通貨の上昇は、バーチャル通貨の購入がいかに簡単かを示しています。 ブロックチェーンを使用すると、瞬時に安全なトランザクションをオンラインで実行できます。アプリのシンプルなユーザーインターフェイスにより、デジタル通貨の売買が非常に便利になります。

各通貨が元のコストの一部に分解されたので、財務的背景にかかわらず誰でもビットコインまたはイーサリアムを所有する可能性があるため、最小投資額はありません。

Ommerはこの側面を活用しますが、揮発性のデジタル通貨ではなく、従来の資産クラスをミレニアムにとってより使いやすくしたいと考えています。 ミレニアムは慎重な投資をして、わずか数クリックするだけで、金融商品に慣れることができ、わずか10ドルで済む。

エントリの障壁がはるかに低く、ユーザはより自信を持って投資することができます。これはミレニアムにとっては特に重要であり、ほとんどの人が初めて伝統的な資産クラスに投資します。

チーム すべてを見る

Simon Gerovich
Simon Gerovich
Trading Expert
Tomas Libal
Tomas Libal
Blockchain Engineer
Tors Dalid
Tors Dalid
Software Engineer
Tommy Sim
Tommy Sim
Emerging Markets Expert
JD Lee
JD Lee
CEO
Zhiwei Ng
Zhiwei Ng
Operations

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されるこことになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの