Ommer - マイクロ投資プラットフォーム

私たちは、世界の何十億ドルにもマイクロ投資を導入するという使命があります。 どこにいるか、持ってるお金にかかわらず、世界の金融市場に参加することができます。 このビジョンを実現するために、公募株式をトークン化し、最小限の手数料でマイクロ資を可能にします。 ユーザーは、免許を有するブローカーの分散型ネットワークを介して世界中の機会にアクセスすることができます。 ブロックチェーンとスマートコントラクトの使用により、コンプライアンスリスク、取引リスク、カウンターパーティリスクが最小限に抑えられます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OMR
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
23,500,000 USD
初回価格
1 OMR = 0.6 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Ommer?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

物事を迅速かつ便利に処理したいと望む技術に精通したミレニアムは、貯蓄に投資する際にいくつかの挫折に直面する可能性があります。株式や債券などの市場従来の資産クラスに投資するには、開始する前に、フォームを記入して証券会社を選択するなどのいくつかの作業が必要です。

さらに、実質的かつ安定した配当を生み出す魅力的な株式は、大きな初期費用と最小限のロットサイズを必要とし、ミレニアムの手が届かない投資になってしまいました。銀行口座開設には5分もかかりませんが、貯蓄金利は低すぎるため実行可能な長期投資とはみなされません。

過去2年間のバーチャル通貨の流行は、ビットコインやその他の同様の通貨を投機的な活動になってしまいました。しかし、バーチャル通貨の上昇は、バーチャル通貨の購入がいかに簡単かを示しています。 ブロックチェーンを使用すると、瞬時に安全なトランザクションをオンラインで実行できます。アプリのシンプルなユーザーインターフェイスにより、デジタル通貨の売買が非常に便利になります。

各通貨が元のコストの一部に分解されたので、財務的背景にかかわらず誰でもビットコインまたはイーサリアムを所有する可能性があるため、最小投資額はありません。

Ommerはこの側面を活用しますが、揮発性のデジタル通貨ではなく、従来の資産クラスをミレニアムにとってより使いやすくしたいと考えています。 ミレニアムは慎重な投資をして、わずか数クリックするだけで、金融商品に慣れることができ、わずか10ドルで済む。

エントリの障壁がはるかに低く、ユーザはより自信を持って投資することができます。これはミレニアムにとっては特に重要であり、ほとんどの人が初めて伝統的な資産クラスに投資します。

チーム すべてを見る

Simon Gerovich
Simon Gerovich
Trading Expert
Tomas Libal
Tomas Libal
Blockchain Engineer
Tors Dalid
Tors Dalid
Software Engineer
Tommy Sim
Tommy Sim
Emerging Markets Expert
JD Lee
JD Lee
CEO
Zhiwei Ng
Zhiwei Ng
Operations

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー