NonZero - ゼロサムのバイアスを破る

NON-ZEROイーサリアムベースのプラットフォームは、CFD取引業界におけるブローカーとクライアントの関係の革命です。 NON-ZEROは、ブローカーが倉庫収入を赤字の顧客に還元し、関係を再調整し、コミュニティの生態系を構築することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NZO
開始日時
2018-09-01
終了日時
2018-11-30
最高目標
540,000,000 NZO
初回価格
1 NZO = 0.10 USD
トークン供給数
540,000,000
公式サイトへ Owner of NonZero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Sept - 30 Sept - 25%
  • 1 Oct - 31 Oct - 10%

概要

Non-Zeroは、小売の外為ブローカーが顧客と対話する方法の真の革命です。なぜなら以前はゼロサムの勝敗だった状況からウィンウィンを作り出します。

FX小売ブローカレッジ業界では、収益には2つの主要なソースがあります。 スプレッドと手数料 プリンシパル(ウェアハウジング) 倉庫管理コンポーネントは、必ずブローカーまたはクライアントのどちらかに有利なゼロサムの結果です。 Non-Zeroトークン(NZO)は、この関係を真のNon-Zeroパラダイムと再調整します。

外国為替市場は、世界で最も深く最も流動的な市場であり、日々の取引量は平均約5兆米ドルです。

インターネットベースのブローカーは、個人投資家に市場を開放し、過去20年間の小売FX取引の好況をもたらしました。しかし、業界への参入障壁が低いことから、競合他社の急増、顧客の急速な成長と無教育が生じました。

Non-Zeroトークン報奨制度は、業界参加者が仲買人のウェアハウジング収入を赤字トレーダーに再配分できるようにすることで、この問題を解決します。 ブローカーはより持続可能で忠実な顧客基盤を得る トレーダーは市場への関与と関心の報酬を受ける

Non-Zeroは、業界をリードするブロックチェーン開発者、暗号技術者、セキュリティ監査者を利用して、NZOトークンプラットフォームの設計、開発、構築に大きく投資しました。

チーム すべてを見る

Ziad AbouJeb
Ziad AbouJeb
Founder
Karim Farra
Karim Farra
Founder
Hazem Farra
Hazem Farra
Board
Hadi Kabalan
Hadi Kabalan
CEO
Dr. Demetrios Zamboglou
Dr. Demetrios Zamboglou
CCO
Nay Boustany
Nay Boustany
Operations

人気STO/ICO記事

  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・