NonZero - ゼロサムのバイアスを破る

NON-ZEROイーサリアムベースのプラットフォームは、CFD取引業界におけるブローカーとクライアントの関係の革命です。 NON-ZEROは、ブローカーが倉庫収入を赤字の顧客に還元し、関係を再調整し、コミュニティの生態系を構築することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NZO
開始日時
2018-09-01
終了日時
2018-11-30
最高目標
540,000,000 NZO
初回価格
1 NZO = 0.10 USD
トークン供給数
540,000,000
公式サイトへ Owner of NonZero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Sept - 30 Sept - 25%
  • 1 Oct - 31 Oct - 10%

概要

Non-Zeroは、小売の外為ブローカーが顧客と対話する方法の真の革命です。なぜなら以前はゼロサムの勝敗だった状況からウィンウィンを作り出します。

FX小売ブローカレッジ業界では、収益には2つの主要なソースがあります。 スプレッドと手数料 プリンシパル(ウェアハウジング) 倉庫管理コンポーネントは、必ずブローカーまたはクライアントのどちらかに有利なゼロサムの結果です。 Non-Zeroトークン(NZO)は、この関係を真のNon-Zeroパラダイムと再調整します。

外国為替市場は、世界で最も深く最も流動的な市場であり、日々の取引量は平均約5兆米ドルです。

インターネットベースのブローカーは、個人投資家に市場を開放し、過去20年間の小売FX取引の好況をもたらしました。しかし、業界への参入障壁が低いことから、競合他社の急増、顧客の急速な成長と無教育が生じました。

Non-Zeroトークン報奨制度は、業界参加者が仲買人のウェアハウジング収入を赤字トレーダーに再配分できるようにすることで、この問題を解決します。 ブローカーはより持続可能で忠実な顧客基盤を得る トレーダーは市場への関与と関心の報酬を受ける

Non-Zeroは、業界をリードするブロックチェーン開発者、暗号技術者、セキュリティ監査者を利用して、NZOトークンプラットフォームの設計、開発、構築に大きく投資しました。

チーム すべてを見る

Ziad AbouJeb
Ziad AbouJeb
Founder
Karim Farra
Karim Farra
Founder
Hazem Farra
Hazem Farra
Board
Hadi Kabalan
Hadi Kabalan
CEO
Dr. Demetrios Zamboglou
Dr. Demetrios Zamboglou
CCO
Nay Boustany
Nay Boustany
Operations

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本