Neogame - ブロックチェーンベースの非営利宝くじが、ゲームを変える

私たちはこのプロセスを開始しており、将来すべてのギャンブルが非営利のモデルに移行すると強く信じています。 ブロックチェーンの発明により、人々は主催者も仲介者もなく、直接プレイをすることができるようになりました。 他者の利益になる宝くじを買ったり、ゲームをしたりする理由がなくなりました。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TKT
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
4,000 ETH
最高目標
200,000 ETH
初回価格
1 TKT = 0.0005 ETH
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Neogame?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

完全自律型

Ethereumスマートコントラクトに基づいて、宝くじはブロックチェーンが存在する限り存在します。一元的な管理は不要です。チケットの販売により資金を集め、公正かつ明確なアルゴリズムに従って当選者の間でそれらをすべてを分配します。Neogameはいかなる受益者にもなりません:宝くじの当選番号をぴたりと当てた場合を除いて資金にアクセスすることはできません。

スケーラブルなジャック ポット

Neogameは、チケットトークン(TKT)を宝くじと賞金の両方の通貨として使用して機能します。発行数は5億トークンに限られており、私たちはその価値の向上に努めてまいります。トークンの価値が上昇に比例して賞金額も増加します。トークンの価値が大幅に上昇すると、ジャックポットが莫大な規模になる可能性があります。

手数料ゼロ

Neogameのような条件を提供している宝くじは世界のどこを探してもありません。他の宝くじは、通常集めた資金の50%を利益とプロジェクトの資金として留保しますが、Neogameは集まった資金をすべて当選者にお渡しします。さらに、Neogameでジャックポットを獲得する可能性は、最も人気のある宝くじと比較して最大7倍です。 また、完全に匿名で利用でき、当選者は即座に賞金を受け取ることができます。

チーム

人気ICO記事

  • 【モッピーとは】評判は?危険で怪しい?ポイントの貯め方は?|ポイ活でお得に稼ぐ方法ご紹介

    お小遣いサイトの「」をご存知でしょうか?はパソコンやスマートフォンでポイントが貯められる安心・安全なポイントサービスです。普段利用するネットショッピングやネットサービス利用を経由で利用するだけでポイントを稼ぐことができます。稼いだポイントは現金やAmazonギフト、iTunesカードなどに換金することができる、まさにリスクなくお小遣い稼ぎができるお得なサービスなのです。巷ではそうやってポイントを稼ぐことをと呼び、主婦のお小遣い稼ぎやとして流行しています。そんなの中でもは業界最大の累計会員数を誇るです。の評判やポイ活の流儀、ポイントの貯め方について徹底解説していきます。は本
  • 【げん玉とは】危険?稼げる?評判とポイントの貯め方を徹底検証|副業・お小遣い稼ぎ・ポイ活

    で最も有名なサイトの一つ は現在440万人の会員登録数を誇るお小遣いサイトです。で紹介されているサービスに会員登録したり、普段利用しているショッピングモールでのお買い物を 経由で行うだけで、ポイントを貰うことができます。そのポイントは現金や商品券に交換することができるので、主婦のお小遣い稼ぎやとして注目されているのです。ここではの基礎から の評判、実際のポイントの貯め方をご紹介します。ポイ活というキーワードを耳にしたことはありませんか?ポイ活とはでポイントを稼ぐ活動のことです。ポイントの稼ぎ方はシンプルでに会員登録しその中でショッピングやサービス登録を行うとそのサイト独自のポ
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では