Neogame - ブロックチェーンベースの非営利宝くじが、ゲームを変える

私たちはこのプロセスを開始しており、将来すべてのギャンブルが非営利のモデルに移行すると強く信じています。 ブロックチェーンの発明により、人々は主催者も仲介者もなく、直接プレイをすることができるようになりました。 他者の利益になる宝くじを買ったり、ゲームをしたりする理由がなくなりました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TKT
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
4,000 ETH
最高目標
200,000 ETH
初回価格
1 TKT = 0.0005 ETH
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Neogame?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

完全自律型

Ethereumスマートコントラクトに基づいて、宝くじはブロックチェーンが存在する限り存在します。一元的な管理は不要です。チケットの販売により資金を集め、公正かつ明確なアルゴリズムに従って当選者の間でそれらをすべてを分配します。Neogameはいかなる受益者にもなりません:宝くじの当選番号をぴたりと当てた場合を除いて資金にアクセスすることはできません。

スケーラブルなジャック ポット

Neogameは、チケットトークン(TKT)を宝くじと賞金の両方の通貨として使用して機能します。発行数は5億トークンに限られており、私たちはその価値の向上に努めてまいります。トークンの価値が上昇に比例して賞金額も増加します。トークンの価値が大幅に上昇すると、ジャックポットが莫大な規模になる可能性があります。

手数料ゼロ

Neogameのような条件を提供している宝くじは世界のどこを探してもありません。他の宝くじは、通常集めた資金の50%を利益とプロジェクトの資金として留保しますが、Neogameは集まった資金をすべて当選者にお渡しします。さらに、Neogameでジャックポットを獲得する可能性は、最も人気のある宝くじと比較して最大7倍です。 また、完全に匿名で利用でき、当選者は即座に賞金を受け取ることができます。

チーム

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予