Loteo - 宝くじは革命を必要とする

LOTEOはブロックチェーンとスマートコントラクトを使用して完全に透明で信頼できる宝くじを作成する完全自動化された宝くじプラットフォームです。 「クラシック」スタイルの宝くじには、LOTEOで対処しでいるくつかの問題があります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LOTES
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
1,500,000 EUR
最高目標
2,500,000 EUR
初回価格
1 LOTES = 0.05 EUR
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Loteo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC827
参加可能通貨BTC, ETH, EUR
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

宝くじはギャンブルの非常に人気のある形ですが、多くの長年の問題に直面しています。州は、市民が宝くじに参加するのを制限するか、または国の選択を単一の国営独占に制限することがあります。従来の宝くじ主催者への信頼は、スキャンダルやゲーム開始以来存在してきた透明性の欠如によって侵食されてきました。

LOTEOは、人によって運営されるのではなくコードを介して執行される自動デジタル宝くじです。宝くじは、最初は1週間に1回、後に1日に1回、ユーザーのプールからランダムなイーサリアムアドレスを引きます。抽選は、GitHubとEthereum Networkで公開されるコードを持つ乱数生成システムに基づいて行われます。勝者は賞金プールの75%を報酬として受け取り、彼らのイーサリアムアドレスに送られます。

LOTEOは、この形式のギャンブルをこれまで以上に多くの人々が利用できるようにするだけでなく、GitHubやイーサリアムネットワークで公に閲覧可能なスマートコントラクトを通じて実行されるため、信頼の問題にも対処します。国際的なリーチ、透明性、自動化を組み合わせることで、LOTEOはデジタル宝くじの新興市場で業界標準となることを目指しています。

チーム すべてを見る

Rastislav Bakala
Rastislav Bakala
CEO, co-founder
Jan Lalka
Jan Lalka
CFO, co-founder
Juraj Illes
Juraj Illes
CMO, co-founder
Rene Darmos
Rene Darmos
CBDO, co-founder
Nina Bakalova
Nina Bakalova
PR manager
Julius Buchel
Julius Buchel
Community manager

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表