FTW - 宝くじの未来

宝くじ業界は、1994年以来2.3億米ドルの収益を上げており、インターネットやその他の技術開発のために大きな変化を遂げています。 宝くじの配布は物理的なものからデジタル的なものに変わり、市場全体の顔を変え、宝くじの潜在的な可能性を大幅に広げました。 機会と適合性を認識し、仮想通貨がギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。 ブロックチェーンの最も有望な機能を利用して、FTWは地理的な限界を取り除き、かつてないほどの信頼と品質を提供するプロセスに完全な透明性をもたらすグローバル宝くじを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FTW
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-19
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FTW = 0.33 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of FTW?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨ETH, BTC, NEO, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

宝くじの未来はオンラインです

世界で50億人以上のプレーヤーを抱える宝くじ業界は現在、大きな変化を遂げています。インターネットとブロックチェーンの技術開発は、伝統的な宝くじから宝くじのデジタル配信へと移行したため、世界中の公的な宝くじがすぐにオンラインに移行しています。

宝くじのブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、オンラインギャンブル市場を急速に奪い、ギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。ブロックチェーンテクノロジーの機能を使用して、FTWは伝統的な宝くじの限界を取り除き、完全な透明性をもたらし、新しい種類の信頼と品質を提供する世界的な宝くじを作り出しています。

NEOブロックチェーンとスマートコントラクト

NEOは、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティーを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用して資産の管理を自動化することにより、分散ネットワークで「スマート経済」を開発することを目指しています。 FTWトークンは、既存のNEO関連インフラストラクチャと互換性のあるNEP-5トークンになります。

チーム

Eddie Jung
Eddie Jung
Developer
Oliver Mueller
Oliver Mueller
Business development

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)