FTW - 宝くじの未来

宝くじ業界は、1994年以来2.3億米ドルの収益を上げており、インターネットやその他の技術開発のために大きな変化を遂げています。 宝くじの配布は物理的なものからデジタル的なものに変わり、市場全体の顔を変え、宝くじの潜在的な可能性を大幅に広げました。 機会と適合性を認識し、仮想通貨がギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。 ブロックチェーンの最も有望な機能を利用して、FTWは地理的な限界を取り除き、かつてないほどの信頼と品質を提供するプロセスに完全な透明性をもたらすグローバル宝くじを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FTW
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-19
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FTW = 0.33 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of FTW?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨ETH, BTC, NEO, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

宝くじの未来はオンラインです

世界で50億人以上のプレーヤーを抱える宝くじ業界は現在、大きな変化を遂げています。インターネットとブロックチェーンの技術開発は、伝統的な宝くじから宝くじのデジタル配信へと移行したため、世界中の公的な宝くじがすぐにオンラインに移行しています。

宝くじのブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、オンラインギャンブル市場を急速に奪い、ギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。ブロックチェーンテクノロジーの機能を使用して、FTWは伝統的な宝くじの限界を取り除き、完全な透明性をもたらし、新しい種類の信頼と品質を提供する世界的な宝くじを作り出しています。

NEOブロックチェーンとスマートコントラクト

NEOは、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティーを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用して資産の管理を自動化することにより、分散ネットワークで「スマート経済」を開発することを目指しています。 FTWトークンは、既存のNEO関連インフラストラクチャと互換性のあるNEP-5トークンになります。

チーム

Eddie Jung
Eddie Jung
Developer
Oliver Mueller
Oliver Mueller
Business development

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数