FTW - 宝くじの未来

宝くじ業界は、1994年以来2.3億米ドルの収益を上げており、インターネットやその他の技術開発のために大きな変化を遂げています。 宝くじの配布は物理的なものからデジタル的なものに変わり、市場全体の顔を変え、宝くじの潜在的な可能性を大幅に広げました。 機会と適合性を認識し、仮想通貨がギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。 ブロックチェーンの最も有望な機能を利用して、FTWは地理的な限界を取り除き、かつてないほどの信頼と品質を提供するプロセスに完全な透明性をもたらすグローバル宝くじを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FTW
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-19
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FTW = 0.33 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of FTW?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨ETH, BTC, NEO, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

宝くじの未来はオンラインです

世界で50億人以上のプレーヤーを抱える宝くじ業界は現在、大きな変化を遂げています。インターネットとブロックチェーンの技術開発は、伝統的な宝くじから宝くじのデジタル配信へと移行したため、世界中の公的な宝くじがすぐにオンラインに移行しています。

宝くじのブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、オンラインギャンブル市場を急速に奪い、ギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。ブロックチェーンテクノロジーの機能を使用して、FTWは伝統的な宝くじの限界を取り除き、完全な透明性をもたらし、新しい種類の信頼と品質を提供する世界的な宝くじを作り出しています。

NEOブロックチェーンとスマートコントラクト

NEOは、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティーを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用して資産の管理を自動化することにより、分散ネットワークで「スマート経済」を開発することを目指しています。 FTWトークンは、既存のNEO関連インフラストラクチャと互換性のあるNEP-5トークンになります。

チーム

Eddie Jung
Eddie Jung
Developer
Oliver Mueller
Oliver Mueller
Business development

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ