FTW - 宝くじの未来

宝くじ業界は、1994年以来2.3億米ドルの収益を上げており、インターネットやその他の技術開発のために大きな変化を遂げています。 宝くじの配布は物理的なものからデジタル的なものに変わり、市場全体の顔を変え、宝くじの潜在的な可能性を大幅に広げました。 機会と適合性を認識し、仮想通貨がギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。 ブロックチェーンの最も有望な機能を利用して、FTWは地理的な限界を取り除き、かつてないほどの信頼と品質を提供するプロセスに完全な透明性をもたらすグローバル宝くじを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FTW
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-07-19
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FTW = 0.33 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of FTW?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨ETH, BTC, NEO, LTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

宝くじの未来はオンラインです

世界で50億人以上のプレーヤーを抱える宝くじ業界は現在、大きな変化を遂げています。インターネットとブロックチェーンの技術開発は、伝統的な宝くじから宝くじのデジタル配信へと移行したため、世界中の公的な宝くじがすぐにオンラインに移行しています。

宝くじのブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、オンラインギャンブル市場を急速に奪い、ギャンブルサイトの中で最も人気のある支払い手段となっています。ブロックチェーンテクノロジーの機能を使用して、FTWは伝統的な宝くじの限界を取り除き、完全な透明性をもたらし、新しい種類の信頼と品質を提供する世界的な宝くじを作り出しています。

NEOブロックチェーンとスマートコントラクト

NEOは、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティーを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用して資産の管理を自動化することにより、分散ネットワークで「スマート経済」を開発することを目指しています。 FTWトークンは、既存のNEO関連インフラストラクチャと互換性のあるNEP-5トークンになります。

チーム

Eddie Jung
Eddie Jung
Developer
Oliver Mueller
Oliver Mueller
Business development

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[