Namek - あなたのAirdropとBountyプラットフォーム

Namekを使用すると、同じプラットフォームで複数のAirdropを見つけることで、進行中のICOからトークンを収集することができます。また、プラットフォームはBountyプラットフォームであり、ユーザーはトークンと仮想通貨で支払われたフリーランサーのミッションを見つけることができます。 チームマネージャは、チーム、支払い、期限、タスクを簡単に処理できます。NMKトークンは、Airdrop / Bounty / Freelancerのリストからプレミアムユーザーのアカウントまで、Namekが提供するすべてのサービスがNMKトークンで支払われます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NMK
開始日時
2018-11-05
終了日時
2019-01-27
最低目標
400,000 EUR
最高目標
2,000,000 EUR
初回価格
1 NMK = 0.10 EUR
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of Namek?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率40%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 10/21/2018 - 11/04/2018 - 60% Private Sale
  • 11/05/2018 - 12/02/2018 - 50% - 40% Pre-ICO
  • 12/03/2018 - 01/27/2019 - 30% - 0% ICO

概要

エアドロッププラットフォーム

スタートアップに対する意識を高める    ビジネスオーナーとして、コミュニティとソーシャルメディアの両方に従事しているユーザーに報奨を与えます。 熱狂者として、あなたにとって重要なプロジェクトから複数のトークンを入手できます。

バウンティプラットフォーム

あなたのスキルをみせ、仕事を終わらせる

あなたにとって重要なプロジェクトでタスクを達成し、報酬を得ます。 チームに参加し、創業者とスタートアップの冒険に参加してください。

トークン支払いを簡単に管理

バウンティの通知とリマインダー

強くするためのツール!

チーム すべてを見る

Mehdi Tagaizine
Mehdi Tagaizine
CEO & CTO
Anne-Sarah Ratsimbazafy
Anne-Sarah Ratsimbazafy
CDO
Simo Laraki
Simo Laraki
CFO
Daniel Aguas
Daniel Aguas
COO
Yassine Khaled
Yassine Khaled
CMO
Warren Azzoug
Warren Azzoug
CCO

人気STO/ICO記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・