Mycro - 簡単に仕事を仕上げる

私たちは、生活がくれる最も貴重な贈り物ー時間を守るのは私たちの仕事です。時間は私たちの起源や社会的地位にかかわらずを結びつけ、限られており、有限です。私たちは時間を取得したり、延長したりすることはできません。 今日の世界では、私たちの時間は、仕事、顧客、社会的義務によって外部から支配されています。 私たちは、すべての人が自分の時間をコントロールする権利を持っていると信じています。 シンプルな仕事のためのグローバルで分散型のピアツーピアネットワークで時間と資金の均衡を作り出すことが私たちのビジョンです。 誰もが、自分が何をしているのか、誰がいつ仕事をするのか、自分の時間の価値を選ぶべきです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MYO
開始日時
2019-06-11
終了日時
2019-06-14
最低目標
3,500,000 EUR
最高目標
14,000,000 EUR
初回価格
1 MYO = 0.25 EUR
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Mycro?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 00-15 days - 20%
  • 15-30 days - 10%
  • 30-60 days - 5%

概要

あなたはアパートを掃除したいけど、時間がみつかりませんか?美しいデザインのMycroアプリに求人情報を直接投稿してください。私たちは、あなたを手伝ってくれるコミュニティメンバーと素早くつながります。あなたはお金を稼ぎたいですか?Mycroアプリを検索し、ぴったりの仕事を見つけてください。 今すぐ応募して仕事を終わらせます。我々は人々をつなぐためのプロトコルを実行することにより、地域社会の力を発揮します。 このゲームの変革のプラットフォームを通じて、私たちはリアルタイムジョブマッチングの世界的な市場となります。

チーム すべてを見る

André Bruckmann
André Bruckmann
CEO & founder
Thomas Bolleyer
Thomas Bolleyer
Head of communications, community- and socialmedia-manager
Christian Hampe
Christian Hampe
CMO & co-founder
Michael Siedenbiedel
Michael Siedenbiedel
Head of software development, blockchain, smart contracts
Tobias Fröhlich
Tobias Fröhlich
Senior software developer, blockchain, smart contracts, iOS/Android
Nicolas Dillmann
Nicolas Dillmann
Core-advisor, co-founder Lab25, digital strategist

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ