LifeTask - 最初の分散型コンピテンスプラットフォーム

LifeTask - 人間の潜在的なソース。ブロックチェーンと人工知能に基づく分散型能力マッチングプラットフォーム。もう履歴書と申請書を送る必要はありません。Lifetaskは、データを守るためにブロックチェーンとスマートコントラクトを使用することによってあなたのデータの完全な管理を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TASK
開始日時
2018-11-15
終了日時
2019-11-11
調達金額
$3,953,123
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
420,000,000
公式サイトへ Owner of LifeTask?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨​BTC, ETH, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO Phase  1 - 30%
  • Pre-ICO Phase 2 - 25%
  • Phase 1 - 20%
  • Phase 2 - 15%
  • Phase 3 - 10%
  • Phase 4 - 5%

概要

自分のスキル、能力、興味、成功を全世界に見せることができるプラットフォーム - 夢の仕事を見つけることができるあなたのユニークな経験と専門知識にスポットライトを当てることができたプラットフォーム。

今が想像をやめ、発見を始めよう。 LifeTaskは、個人が自分の選択した職業における可能性を最大限に引き出すことを可能にする、才能主導型の雇用市場のための史上初の分散型コンピタンスプラットフォームです。

LifeTaskは、急成長しているデジタルジョブの世界におけるあなたの専門能力開発のための最高のソリューションです。LifeTaskはあなたの能力と経験を紹介することで、企業は従来の雇用市場と比較してほんのわずかな時間で(そしてわずかなコストで)、自分のニーズに最適な個人を見つけることができます。

LifeTaskは、コンピテンシープロバイダーとコンピテンシーシーカーの間のAIベースのマッチングプラットフォームです。 LifeTaskはあなたの能力とあなたの可能性を雇用主、企業、組織のような能力探求者のニーズにマッチさせて、雇用主、能力探求者のためにあなたの夢の仕事を提供します。

チーム すべてを見る

Lukas Hubert
Lukas Hubert
CEO
Mario Urschitz
Mario Urschitz
CMO & International Speaker
Kris Stelljes
Kris Stelljes
Head of Online Marketing
Stefan Zavrel
Stefan Zavrel
Data Security Engineer, Senior Software Programmer
Vadym Bondar
Vadym Bondar
Backend Programmer
Yuriy Tischenko
Yuriy Tischenko
Q & A Engineer, AI & Chatbot Developer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。