Mycro - 簡単に仕事を仕上げる

私たちは、生活がくれる最も貴重な贈り物ー時間を守るのは私たちの仕事です。時間は私たちの起源や社会的地位にかかわらずを結びつけ、限られており、有限です。私たちは時間を取得したり、延長したりすることはできません。 今日の世界では、私たちの時間は、仕事、顧客、社会的義務によって外部から支配されています。 私たちは、すべての人が自分の時間をコントロールする権利を持っていると信じています。 シンプルな仕事のためのグローバルで分散型のピアツーピアネットワークで時間と資金の均衡を作り出すことが私たちのビジョンです。 誰もが、自分が何をしているのか、誰がいつ仕事をするのか、自分の時間の価値を選ぶべきです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MYO
開始日時
2019-06-11
終了日時
2019-06-14
最低目標
3,500,000 EUR
最高目標
14,000,000 EUR
初回価格
1 MYO = 0.25 EUR
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Mycro?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 00-15 days - 20%
  • 15-30 days - 10%
  • 30-60 days - 5%

概要

あなたはアパートを掃除したいけど、時間がみつかりませんか?美しいデザインのMycroアプリに求人情報を直接投稿してください。私たちは、あなたを手伝ってくれるコミュニティメンバーと素早くつながります。あなたはお金を稼ぎたいですか?Mycroアプリを検索し、ぴったりの仕事を見つけてください。 今すぐ応募して仕事を終わらせます。我々は人々をつなぐためのプロトコルを実行することにより、地域社会の力を発揮します。 このゲームの変革のプラットフォームを通じて、私たちはリアルタイムジョブマッチングの世界的な市場となります。

チーム すべてを見る

André Bruckmann
André Bruckmann
CEO & founder
Thomas Bolleyer
Thomas Bolleyer
Head of communications, community- and socialmedia-manager
Christian Hampe
Christian Hampe
CMO & co-founder
Michael Siedenbiedel
Michael Siedenbiedel
Head of software development, blockchain, smart contracts
Tobias Fröhlich
Tobias Fröhlich
Senior software developer, blockchain, smart contracts, iOS/Android
Nicolas Dillmann
Nicolas Dillmann
Core-advisor, co-founder Lab25, digital strategist

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他