Jobchain - 仕事を探して、仮想通貨で報酬を得ましょう

Jobchain®の使命は、いつでも、どこでも採用もしくは採用されること、および暗号通貨で即座に補償されることを含みますが、これらに限定されない多様なサービスプロバイダーとユーザーをつなぐプロセスを容易にするプラットフォームを作成することです。同時に保護され検証された環境内で、雇用主および/または従業員としての権利を保護することができます。 アプリに登録されているユーザーは、Jobchain®エコシステムの他のメンバーによって、いつでもどこでも、即座に採用し、採用されることができます。 ベビーシッター、鍵屋、教師、大工、エンジニアなど、幅広い職種のプロフィールがプラットフォーム内で利用可能になり、顧客はそれらを利用可能性、場所、給与、評価によって分類できるようになります。 顧客は、契約に基づいて提供されるサービスごとに雇用および支払いを行うことができます。 Jobchain®プラットフォームは、iOSおよびAndroid用のウォレット アプリで構成されており、ユーザーはさまざまなデジタル資産を獲得、購入、販売、譲渡、および保管することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
JOB
開始日時
2019-05-28
終了日時
2019-07-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Jobchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC-20
参加可能通貨USDT, BTC, ETH, XRP, EOS
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • for USDT, BTC, ETH, XRP, EOS - 20%
  • for PROB - 30%

概要

Jobchain®は、誰でもいつでもどこでも採用または採用でき、暗号通貨で給料を稼ぐことができるエコシステムです。

いつでもどこでも仕事を探す

Jobchain®はユーザーがいつでもどこでも仕事を見つけることを可能にします。 利用可能なオファーを閲覧し、今日雇われる。

いつでもどこでも採用

いつでもどこでも雇えます。 場所、空室状況、評価または報酬で結果を絞り込みます。 柔軟で安全、そしてプライベート。

暗号通貨におけるあなたの給料

即座に暗号通貨で仕事やサービスの支払いをし、支払いを受ける。 あなた自身の柔軟な支払いスケジュールを設定してください。

特徴

即座に人を雇う

あなたが探しているサービスプロバイダーを見つけてください。 暗号通貨で支払う

オファーをして交渉する

オファーを作り、アプリ内であなたの報酬を交渉する。 あなた自身の柔軟な支払いスケジュールを設定する

プライバシー

プラットフォームの他のメンバーと共有したい情報を選択してください

あなたの従業員を絞り込む

従業員は、空き状況、場所、給与、または評価によってフィルタ処理できます。

あなたの職歴を保存する

あなたの職歴を簡単に追跡、保存、ダウンロード、管理

場所で探す

あなたの基準を満たすあなたの地域の専門家を探す

チーム

M. Kern
M. Kern
Blockchain Engineer
Jose Bay
Jose Bay
CEO
Zulfikor Mukhtashov
Zulfikor Mukhtashov
CFO44 age
P. Isaac
P. Isaac
Head of Product
D. Garcia
D. Garcia
Head of Engineering
F. Monserrat
F. Monserrat
Chief Strategy Officer

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人