MediLiVes - 革新的なAIベースの遠隔医療システム

私たちの使命は、AI(人工知能)、AR(拡張現実)、ビッグデータ、ブロックチェーンなどの最新技術を備えた未来的な最先端の遠隔医療システムを開発することです。これにより、人々自分の健康、健康記録を管理し、自分の幸福を管理することができます。私たちの目的は、世界中の医療専門家にすべての人が平等にアクセスできるようにすることです。世界のヘルスケア組織と共同で、すべての人類が簡単にアクセスできるMediLiVesヘルスケアおよび診断センターを作成します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MLIV
開始日時
2019-07-15
終了日時
2019-10-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
8,000,000 USD
初回価格
0.0080 USD
トークン供給数
6,000,000,000
公式サイトへ Owner of MediLiVes?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Medi-Science International Ltdは、分析用遠隔医療システムMediLiVesと呼ばれるMedi-Science技術の公式プロバイダおよびディストリビュータです。

Medi-Science International Ltdは、MediLiVes IEOプロジェクトの準備および実行に関与する公的機関でもあります。革新的な企業であり、独自の新世代遠隔医療ソリューションを提供しています。遠隔医療は、患者の健康状態を遠隔から監視することを可能にする技術に基づいており、世界で最も急成長している産業の1つです。

私達の中心プロダクトの多目的な性質はそれが心臓病学だけではなく、糖尿病、栄養学、文明病および慢性疾患にも異常を見つけることができることを意味します。

同等の成果が長年の仕事を必要とした世界中に無数の例があります。当社の有効性は、主にクラウドコンピューティング、人工知能、クロスプラットフォームソフトウェアなどの最新のマイクロソフトテクノロジの意識的な使用によってもたらされます。

中東、ロンドン、ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、アジア諸国、米国などでの科学および業界会議への多数の訪問のおかげで、私たちは遠隔医療分野の専門家としての地位を築きました。

チーム すべてを見る

Sunny Ahonsi
Sunny Ahonsi
Chief Executive Officer & Chief Relationship Officer
Martin Territt
Martin Territt
International Affairs Advisor
John McKay
John McKay
Chief Operating Officer
Mavis Amankwah
Mavis Amankwah
Chief PR Officer
Suzat Fernandes
Suzat Fernandes
Chief Marketing Officer
Garry Singh
Garry Singh
Chief Marketing Strategist

人気STO/ICO記事

  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ