Gainfy - ブロックチェーン、AI、IoTによるインテリジェントヘルスケア

Gainfyはインセンティブベースのヘルスケアプラットフォームで、人々が健康を維持し、健康と医療のリソースに簡単にアクセスできるようにし、データを統制して収益化することができます。 また、ブロックチェーンのビッグデータ分析、人工知能、および準拠した安全なデータ交換により、企業は競争上の優位性を獲得できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GAIN
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-07-31
調達金額
$1,000,000
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.5000 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Gainfy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC223
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Gainfyは、グローバルなヘルスケア消費者に仮想医療への無料アクセスと、いつでもどこでもヘルスデータを所有、管理、および収益化することを可能にするAIおよびブロックチェーンエンタープライズプラットフォームです。

Gainfyは、米国だけで280億ドル規模の患者医療データを注目しています。    では、なぜそれが重要なのでしょうか。製薬会社、バイオテクノロジー会社、研究会社、および保険会社は、消費者の総合的な医療データを知る必要があるため、どの薬剤を開発し、焦点を当てるか、および保険リスクが何であるかを決定できます。

興味深いのは、その情報は個人的なものであり、情報が提供される前に匿名化されたものですが、そのうちの280億ドルが消費者に直接利益をもたらすものではありません。私たちはその問題を解決することを決心しています、それで消費者はその利益のいくつかを手に入れることができて、そして私たちはプロセスをより効率的で安全にすることができます。

Gainfyプラットフォームでは、消費者は自分のデータを誰に購入されることが選択できるし、およびもらえる利益も決められます。たとえば、gainfyシステムの消費者は私たちからトークンを入手することができるので、トークンを使って医師に相談したり、ラボテストの費用を支払いしたり、Gainfy市場で他の製品やサービスを購入したりできます。

だから彼らは私たちのプラットフォームを使用することによってすぐに医療費を減少します。

チーム すべてを見る

Victoria Saucier
Victoria Saucier
Chief Executive Officer
Dave Singh
Dave Singh
Chief Technology Architect
Anastasia Galichanina
Anastasia Galichanina
Financial Controller
Michael Szczech
Michael Szczech
Software Engineer
Huiya (Kirstie) Wang
Huiya (Kirstie) Wang
Marketing and Communications
Matthew Auger
Matthew Auger
Investor Relations

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。