Lancer Network - 探す 作る 稼ぐ 重複

Lancer Networkはクラウドセールとブロックチェーンプロジェクトの広告と宣伝のための分散型フリーランスサイトです。 私たちのメンバーは仮想通貨を欲しがるメンバーとSMMとマーケティングサービスに支払う予算を持っているビジネスで構成されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LNW
開始日時
2018-06-18
終了日時
2018-10-18
最低目標
800,000 USD
最高目標
8,000,000 USD
初回価格
1 LNW = 0.01 USD
トークン供給数
880,000,000
公式サイトへ Owner of Lancer Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率59%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちのプロジェクトは、広告サービスを必要とするプロジェクトと、サービスを提供できる通常のユーザーを結ぶ生態系です。 実際には、フォーラムに関する洞察的なコメントを残すために、プロジェクトについてのつぶやき、任意のサービスのテレグラムチャンネルを購読するには特別な教育やスキルを必要としません。 誰もがこの機会にお金を稼ぐことができます。 そして、これは公平なオンライン収入の機会を通じて大衆に力を与えるための私たちのビジョンと使命です。 プラットフォームのもう一つの特徴は、ICOプロジェクトが付加的な収益性の高い広告キャンペーンとして機能することです。インターネットはすべての機会を与え、私たちのプロジェクトはこれを普通にできるようにします。このプラットフォームでは、いつでもプラットフォームのワーカーにオンライン作業を均等に配布し、利用できるようにすることを目指しています。

チーム すべてを見る

Leonid Shekhtman
Leonid Shekhtman
CTO
Elena Martynova
Elena Martynova
Head of Marketing
Anton Platonov
Anton Platonov
Backend
Alexey Velikanov
Alexey Velikanov
UI/UX
Egor Zeynalov
Egor Zeynalov
Frontend
Ilya Anakin
Ilya Anakin
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。