Lancer Network - 探す 作る 稼ぐ 重複

Lancer Networkはクラウドセールとブロックチェーンプロジェクトの広告と宣伝のための分散型フリーランスサイトです。 私たちのメンバーは仮想通貨を欲しがるメンバーとSMMとマーケティングサービスに支払う予算を持っているビジネスで構成されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LNW
開始日時
2018-06-18
終了日時
2018-10-18
最低目標
800,000 USD
最高目標
8,000,000 USD
初回価格
1 LNW = 0.01 USD
トークン供給数
880,000,000
公式サイトへ Owner of Lancer Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率59%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちのプロジェクトは、広告サービスを必要とするプロジェクトと、サービスを提供できる通常のユーザーを結ぶ生態系です。 実際には、フォーラムに関する洞察的なコメントを残すために、プロジェクトについてのつぶやき、任意のサービスのテレグラムチャンネルを購読するには特別な教育やスキルを必要としません。 誰もがこの機会にお金を稼ぐことができます。 そして、これは公平なオンライン収入の機会を通じて大衆に力を与えるための私たちのビジョンと使命です。 プラットフォームのもう一つの特徴は、ICOプロジェクトが付加的な収益性の高い広告キャンペーンとして機能することです。インターネットはすべての機会を与え、私たちのプロジェクトはこれを普通にできるようにします。このプラットフォームでは、いつでもプラットフォームのワーカーにオンライン作業を均等に配布し、利用できるようにすることを目指しています。

チーム すべてを見る

Leonid Shekhtman
Leonid Shekhtman
CTO
Elena Martynova
Elena Martynova
Head of Marketing
Anton Platonov
Anton Platonov
Backend
Alexey Velikanov
Alexey Velikanov
UI/UX
Egor Zeynalov
Egor Zeynalov
Frontend
Ilya Anakin
Ilya Anakin
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ