ACA Network - ブロックチェーン広告ネットワークシステム

ACAネットワークは、ブロックチェーン技術を利用して次世代オンライン広告プラットフォームを構築しています。私たちの目的は、完全に公平で透明なオンライン広告取引システムを構築することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ACA
開始日時
2018-07-14
終了日時
2018-09-30
最低目標
100,000,000 ACA
最高目標
1,000,000,000 ACA
初回価格
1 ACA = 3 JPY
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of ACA Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ACA Networkは、ブロックチェーン技術を活用し、次世代のオンライン広告取引プラットフォームを構築します。私たちの目標は、完全に透明で公正なオンライン広告取引を実現し、広告主及び広告媒体の双方にとって、最大の有益性をもたらすことです。

20世紀の終わりに、オンライン広告が広告手段の1つとして認識され始めて以来、様々な技術革新を通じて、広告配信技術が向上してきました。広告配信技術の向上と共に、オンライン広告の市場規模も拡大し続けており、直近でも年平均+20%の成⻑率で成⻑し続けております。2018年の全世界のオンライン広告の市場規模は、30兆円を超えると予測されており、今後もさらに市場規模が拡大していくことでしょう。

しかし、オンライン広告業界には、広告主視点からもメディア媒体視点からも問題があります。 広告主視点ではアドフラウドと呼ばれている問題が上げられます。アドフラウドとはbotなどにより機械的に、実際には配信されていない広告を配信したことにより、無駄な広告費用を支払わされていることを言います。アドフラウドによって広告主が損失する金額は、2018年には2兆円を超えると予測されております。オンライン広告の市場規模に対して約7%にあたる金額が無駄に支払わされております。また、メディア媒体視点では、オンライン広告取引の仲介を行う広告代理店が、詐欺的な金額の仲介マージンを搾取していることが上げられます。オンライン広告代理店の裁量のもと、広告配信の単価調整が自由に行われてしまっております。

現在のメディア媒体の収益はオンライン広告代理店に委ねられてしまっていると述べても過言ではありません。これらの問題はオンライン広告取引が、非常に不透明な環境の下で行われているため生じております。ACA Networkは、ブロックチェーン技術を活用することによって、これらの問題を解決します。広告主にとってもメディア媒体にとっても有益な、オンライン広告取引プラットフォームを構築します。現在のオンライン広告業界は、ブロックチェーン技術の登場によって、変革されるべきタイミングにあるのです。私たちは、ブロックチェーン技術で、完全に透明なオンライン広告取引を実現し、既存のオンライン広告業界をディスラプトすることによって、オンライン広告業界の未来を切り拓いていきます。

ここで私たちの紹介を少ししたいと思います。私たちは2010年に日本で創業以来、モバイル向けのメディアアプリ事業を行ってまいりました。月間広告配信回数は5億impを超えており、メディアアプリの広告媒体としての地位を確立しております。これまでの事業を通じて培ってきた、日本でのオンライン広告業界の、人脈及び市場環境の知識を活用し、まずは日本国内からオンライン広告業界をディスラプトしていきます。日本のオンライン広告業界の市場規模は世界で3番目に大きな市場環境です。この大きな市場に軸足を起きつつ、世界のオンライン広告業界を変革していきます。

チーム すべてを見る

Ko Youngwook
Ko Youngwook
CEO & Founder
Young-woo Ko
Young-woo Ko
Developer Executive
Yuichi Honda
Yuichi Honda
Marketing Executive
Choi Zinkyu
Choi Zinkyu
Developer
Yoon Juho
Yoon Juho
Developer
Karin Kobayashi
Karin Kobayashi
Designer

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし