MiBoodle - 消費者がお金を稼ぐことを可能にするアプリ

メンバーが持続可能なオンライン収入を得ることを可能にする分散型アプリケーション。 miBoodleは、Steemit、Indahash&FluzFluzの最高の機能を1つのプラットフォームに組み合わせ、すべてのメンバーのコミッションを上がるトークンを備えたツールです。miBoodleはFacebook、Twitter、Linkedinと統合されているため、メンバー全員がソーシャルメディアのプレゼンスを高め、ソーシャルオーディエンスを増やして収益を増やすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MIBO
開始日時
2018-08-22
終了日時
2018-10-15
最低目標
5,000 ETH
最高目標
5,000 ETH
初回価格
1 MIBO = 0.01 USD
トークン供給数
200,400,000
公式サイトへ Owner of MiBoodle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率33,4 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Bonus - 200%

概要

miBoodleチームは、ブロックチェーン技術に基づいて広告業界を民主化するオンラインのお金を稼ぐプラットフォームである「Work from home」を構築しました。私たちの目標は、マス市場向けにパッケージ化されている実証済みのオンラインデジタル広告チャネルを活用し、効率的で透明かつ責任ある方法ですべての消費者がオンラインの第二収入を得られます。

試行されていない方法に基づいて、消費者のためのオンラインの資金調達スキームのホストがあります。 miBoodleは、これまで大手企業のみを対象としたオンライン広告の世界を公開します。 miBoodleは、ソーシャルメディアの統合に基づいて、すべてのメンバーにマーケットへのルートを提供しながら、人々が広告の準備と承認を受けた収益化資産を構築することを可能にします。

miBoodleは、すべての消費者がマイクロ出版社、マイクロソーシャルインフルエンサー、マイクロアフィリエイトになることを可能にします。オンライン広告の世界を開き、誰もが大企業のようにオンラインでお金を稼ぐことができるプラットフォームを想像してみてください。miBoodleは無料で使用できます! miBoodleのメンバーは毎日お金を稼ぐことができ、金額の通貨(£s、$ s、€sなど)、またはmiBoodleトークンのいずれかで毎月受け取ることができます。会員がmiBoodleトークンで支払いを受けることに決めた場合、次のmiBoodleティアに入金するためにこれらのトークンを使用することができます。トークンを保有することでより多くの収益を得ることができることを意味します。トークンを販売することで、他の人に参入する機会が与えられ、高所得層に直接ジャンプすることもできます。

miBoodleはメンバーに4層を提供しています。各階層は、会員収入コミッションを増加させるmiBoodle(MIBO)トークンを介して排他的にアクセスされます。

チーム すべてを見る

Len Burgess
Len Burgess
CEO
Rob Glew
Rob Glew
CFO
Ignatius Uirab
Ignatius Uirab
SENIOR DEVELOPER
Charlie Read
Charlie Read
CHANNEL MANAGER
Pete Dickenson
Pete Dickenson
ADVERTISING COMMERCIAL DIRECTOR
Richard Stringer
Richard Stringer
GDPR & MARKETING COMPLIANCE

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7