Kora Network - 人々、コミュニティ、資本をつなぐ。

Kora Networkは、包括的なコミュニティ所有の金融システムのインフラストラクチャです。 私たちは、コミュニティ内で資本を循環させ蓄積するための、自立したコミュニティ所有の生態系を構築するために必要なツールを提供しています。 アイデンティティを検証し、そのアイデンティティを使用して、金銭の保管、譲渡、貸与、支払い、融資、マーケットプレイス、利益分配、デジタル教育などの付加価値サービスを提供またはアクセスすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KNT
開始日時
2018-05-18
終了日時
2018-06-01
調達金額
12,000,000 USD
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 KNT = .1 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Kora Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率45%
KYC不明
参加不可地域USA (Registered Investors only)
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - Day 4 - 30% Discount
  • Day 4 - Day 10 - 25% Discount

概要

Koraエコシステム

当社のブロックチェーンは、アイデンティティとトランザクションを格納し、ソフトウェアモジュールを実行し、ユーザーのプライバシーを保護しながら他のブロックチェーンに接続します。 Tendermint DPoSをコンセンサスアルゴリズムとして使用し、分散化を維持しながらスケーラビリティを実現します。 ブロックチェーンは、Kora Network Token(KNT)によって保護されています。

eFiatは、ユーザーが理解し信頼する国の通貨のデジタルバージョンです。 彼らは現金預金によって100%支持され、1:1ベースで償還されます。

CVNは、貸し出しや投資、社会扶助、金融教育などのために資本をプールする権限をユーザーに与えます。

チーム すべてを見る

Dickson Nsofor
Dickson Nsofor
CEO & Co-Founder
Maomao Hu
Maomao Hu
COO & Co-Founder
Eugene Fine
Eugene Fine
CTO
Zahen Khan
Zahen Khan
Head of Marketing
Oleh Ostroverkh
Oleh Ostroverkh
Project Manager
Lauren Harrington
Lauren Harrington
Blockchain Researcher

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常