Kora Network - 人々、コミュニティ、資本をつなぐ。

Kora Networkは、包括的なコミュニティ所有の金融システムのインフラストラクチャです。 私たちは、コミュニティ内で資本を循環させ蓄積するための、自立したコミュニティ所有の生態系を構築するために必要なツールを提供しています。 アイデンティティを検証し、そのアイデンティティを使用して、金銭の保管、譲渡、貸与、支払い、融資、マーケットプレイス、利益分配、デジタル教育などの付加価値サービスを提供またはアクセスすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KNT
開始日時
2018-05-18
終了日時
2018-06-01
調達金額
12,000,000 USD
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 KNT = .1 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Kora Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率45%
KYC不明
参加不可地域USA (Registered Investors only)
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - Day 4 - 30% Discount
  • Day 4 - Day 10 - 25% Discount

概要

Koraエコシステム

当社のブロックチェーンは、アイデンティティとトランザクションを格納し、ソフトウェアモジュールを実行し、ユーザーのプライバシーを保護しながら他のブロックチェーンに接続します。 Tendermint DPoSをコンセンサスアルゴリズムとして使用し、分散化を維持しながらスケーラビリティを実現します。 ブロックチェーンは、Kora Network Token(KNT)によって保護されています。

eFiatは、ユーザーが理解し信頼する国の通貨のデジタルバージョンです。 彼らは現金預金によって100%支持され、1:1ベースで償還されます。

CVNは、貸し出しや投資、社会扶助、金融教育などのために資本をプールする権限をユーザーに与えます。

チーム すべてを見る

Dickson Nsofor
Dickson Nsofor
CEO & Co-Founder
Maomao Hu
Maomao Hu
COO & Co-Founder
Eugene Fine
Eugene Fine
CTO
Zahen Khan
Zahen Khan
Head of Marketing
Oleh Ostroverkh
Oleh Ostroverkh
Project Manager
Lauren Harrington
Lauren Harrington
Blockchain Researcher

人気STO/ICO記事

  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>
  • Coinbaseが上場を検討している仮想通貨を発表・・TelegramのGRAMも視野に

    アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbaseが仮想通貨の上場をアグレッシブに進めている。20日、Coinbaseは公式ブログを通じ、Coinbaseに仮想通貨17種類が上場される予定だと発表した。上場予定の仮想通貨はテレグラムのGRAM、Avalanche、Celo、Chia、Coda、Dfinity、Filecoin、Handshake、Kadena、Mobilecoin、NEAR、Nervos、Oasis、Orchid、Solana、Spacemeshがリストされた。Coinbaseは仮想通貨の上場基準が保守的な取引所として知られている。しかし、去年から上場基準の一部を改正し、上場を積極的
  • ICBウォレットも持ち逃げか・・一部の資金は現金化済み

    中国・韓国の多数のメディアによると、仮想通貨ウォレットサービスICBウォレットを運営するICCの「持ち逃げ」が疑われている。メディアによると、ICBウォレットは本日(19日)午前、「弊社に対するメディアの悪意を持つ攻撃によりユーザーから信頼を失った」と述べ、「この期間中に出金申請が多くなり、システムに負荷がかかった」と説明した。<ins></ins>また、現在はシステム復旧中につき、出金・配当サービスを一時停止するとアナウンスされている。ICCはシステム点検やアップデートを理由に以前も数回、出金を停止していたことがあったとメディアは説明した。同メディアはブロックチェーンセキュルティー企業「Pe