Klickzie - 次世代のソーシャルメディアとデジタルネットワーク

KlickZieの特許を取得した拡張現実ARKと信頼されたデジタルファイルを介して商品とサービスの世界の家庭消費を取引します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KLK
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
100,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
4,000,000,000
公式サイトへ Owner of Klickzie?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tautachrome, Inc.は、ブロックチェーン/暗号通貨部門および拡張現実/実画像技術部門の新興企業です。当社は、スマートフォン - 画像認証、画像ベースのソーシャルネットワーキングインタラクション、および拡張現実マーケティングにおける当社の革新的な特許との結合を目指して、高速ブロックチェーンの概念を持っています。

当社は、スマートフォンアプリとブロックチェーン技術を使用して、消費者と世界の数兆ドル規模の商品およびサービス商取引分野における1億以上の企業との間の摩擦のないKLK暗号化取引を自動化する特許および特許申請中の技術を開発しました。

Tautachromeは、新しく特許を取得したKlickZieテクノロジによって可能になり、この商取引分野の即時性、透明性、セキュリティ、および世界規模のリーチをサポートするために必要とされる、商品、サービス、デジタル情報の世界貿易をサポートするKLK暗号通貨を発行します。 KLK暗号通貨は、より高速なブロックチェーンの暗号トークンへの1対1のスワップ、または暗号への1対1のスワップで計画された可能性の高い移行で、イーサリアムブロックチェーンのKLK20トークンを指定するERC20準拠暗号トークンとして誕生します。コインはKLKコインを自身の高速ブロックチェーンに指定しました。

チーム

Dr. Jon N. Leonard
Dr. Jon N. Leonard
Founder & CEO
Matthew Staker
Matthew Staker
CTO
Dr. Joel Sercel
Dr. Joel Sercel
Chief Scientist
Robert Gille
Robert Gille
Software Developer
David LaMountain
David LaMountain
Investor Relations
Ernest Chuang
Ernest Chuang
Marketing Advisor

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたので、BTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますので、ひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitME
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32