Klickzie - 次世代のソーシャルメディアとデジタルネットワーク

KlickZieの特許を取得した拡張現実ARKと信頼されたデジタルファイルを介して商品とサービスの世界の家庭消費を取引します。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KLK
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
100,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
4,000,000,000
公式サイトへ Owner of Klickzie?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tautachrome, Inc.は、ブロックチェーン/暗号通貨部門および拡張現実/実画像技術部門の新興企業です。当社は、スマートフォン - 画像認証、画像ベースのソーシャルネットワーキングインタラクション、および拡張現実マーケティングにおける当社の革新的な特許との結合を目指して、高速ブロックチェーンの概念を持っています。

当社は、スマートフォンアプリとブロックチェーン技術を使用して、消費者と世界の数兆ドル規模の商品およびサービス商取引分野における1億以上の企業との間の摩擦のないKLK暗号化取引を自動化する特許および特許申請中の技術を開発しました。

Tautachromeは、新しく特許を取得したKlickZieテクノロジによって可能になり、この商取引分野の即時性、透明性、セキュリティ、および世界規模のリーチをサポートするために必要とされる、商品、サービス、デジタル情報の世界貿易をサポートするKLK暗号通貨を発行します。 KLK暗号通貨は、より高速なブロックチェーンの暗号トークンへの1対1のスワップ、または暗号への1対1のスワップで計画された可能性の高い移行で、イーサリアムブロックチェーンのKLK20トークンを指定するERC20準拠暗号トークンとして誕生します。コインはKLKコインを自身の高速ブロックチェーンに指定しました。

チーム

Dr. Jon N. Leonard
Dr. Jon N. Leonard
Founder & CEO
Matthew Staker
Matthew Staker
CTO
Dr. Joel Sercel
Dr. Joel Sercel
Chief Scientist
Robert Gille
Robert Gille
Software Developer
David LaMountain
David LaMountain
Investor Relations
Ernest Chuang
Ernest Chuang
Marketing Advisor

人気ICO記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.33 - チャットのスパム通報・ハイパーリンク・AIアラートの開発を進めております。

    先週はサムスンと関連がある仮想通貨が大きく上昇し、仮想通貨市場全体を牽引する一週でした。仮想通貨市場は現在ベアーマーケットではあるが、好材料があればまだ大きく上昇する可能性があることが再確認できました。さて、先週と今週もユーザー様のために頑張って開発を進めております。詳しくは以下の内容からご確認ください。チャット機能をリリースしてから、荒らし行為や煽り行為に対して否定的な方々が多くいらっしゃったと思います。その対策としてコイン相場チームでモニタリングを行っておりますが、全部はカバーできないのでユーザー様から通報ができる機能を実装する予定です。チャットの中でコイン相場アプリのdAppsみんな
  • 【元手ゼロで仮想通貨を稼ぐ】ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに換金しよう!

    「に興味はあるけど、投資するのは恐い」そう感じている方は少なくないのではないでしょうか?それもそのはずです。2017年に大盛り上がりした仮想通貨はその後の取引所ハッキング事件を経て、価格暴落。テレビや新聞も危険性を謳う報道をしてきました。しかし事件の後は、国の規制が入り、仮想通貨取引所は証券会社並みのセキュリティ体制が最低限の運営条件になりました。ハッキングリスクが全くないとは言えませんが、安全面はかなり向上したといえるでしょう。ただし、、、仮想通貨がであることは変わりありません。まだまだ不安定な市場ですから、暴落の危険もありますし、逆に高騰する可能性もあるのです。そこでですが、、、一
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では