Klickzie - 次世代のソーシャルメディアとデジタルネットワーク

KlickZieの特許を取得した拡張現実ARKと信頼されたデジタルファイルを介して商品とサービスの世界の家庭消費を取引します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KLK
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
100,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
4,000,000,000
公式サイトへ Owner of Klickzie?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tautachrome, Inc.は、ブロックチェーン/暗号通貨部門および拡張現実/実画像技術部門の新興企業です。当社は、スマートフォン - 画像認証、画像ベースのソーシャルネットワーキングインタラクション、および拡張現実マーケティングにおける当社の革新的な特許との結合を目指して、高速ブロックチェーンの概念を持っています。

当社は、スマートフォンアプリとブロックチェーン技術を使用して、消費者と世界の数兆ドル規模の商品およびサービス商取引分野における1億以上の企業との間の摩擦のないKLK暗号化取引を自動化する特許および特許申請中の技術を開発しました。

Tautachromeは、新しく特許を取得したKlickZieテクノロジによって可能になり、この商取引分野の即時性、透明性、セキュリティ、および世界規模のリーチをサポートするために必要とされる、商品、サービス、デジタル情報の世界貿易をサポートするKLK暗号通貨を発行します。 KLK暗号通貨は、より高速なブロックチェーンの暗号トークンへの1対1のスワップ、または暗号への1対1のスワップで計画された可能性の高い移行で、イーサリアムブロックチェーンのKLK20トークンを指定するERC20準拠暗号トークンとして誕生します。コインはKLKコインを自身の高速ブロックチェーンに指定しました。

チーム

Dr. Jon N. Leonard
Dr. Jon N. Leonard
Founder & CEO
Matthew Staker
Matthew Staker
CTO
Dr. Joel Sercel
Dr. Joel Sercel
Chief Scientist
Robert Gille
Robert Gille
Software Developer
David LaMountain
David LaMountain
Investor Relations
Ernest Chuang
Ernest Chuang
Marketing Advisor

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・