Keep - イーサリアムのプライバシー層

keepは、プライベートデータのオフチェーンコンテナーです。keepは、契約がパブリックブロックチェーンのフルパワーを活用するのを助け、プライベートデータとの深い対話性を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Keep?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プライバシーとスケーラビリティは、パブリックブロックチェーンが主流に採用されるための2つの最大のハードルです。 パブリックブロックチェーンとプライベートデータの間に橋を架けることにより、プライバシーに取り組んでいます。 このデータを保護および保存するために、キープまたは小さなオフチェーンコンテナを使用します。 Keepsは、個人データを扱うまったく新しい方法を可能にします。

チーム すべてを見る

Matt Luongo
Matt Luongo
Project Lead
Corbin Pon
Corbin Pon
Developer & Ops
Antonio Salazar Cardozo
Antonio Salazar Cardozo
Tech Lead
Laura Wallendal
Laura Wallendal
Growth
Prashanth Irudayaraj
Prashanth Irudayaraj
Ops & Research
Nik Grinkevich
Nik Grinkevich
Developer

人気STO/ICO記事

  • 国内大手証券会社が「日本STO協会」を設立・・SBI証券・野村証券・大和証券

    日本経済新聞の30日報道によると、日本国内の証券各社がブロックチェーン技術を使った資金調達「STO(セキュリティー・トークン・オファリング)」の業界団体を10月1日立ち上げる。この団体はSTO関連の規定を整備する自主規制団体となることを目標とするとのこと。新団体の名称は「日本STO協会」で、SBI証券・野村証券・大和証券が加わる。「日本STO協会」の代表理事はSBIの北尾吉孝会長が担当する。※参照元の確認:<ins></ins>比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?[
  • Bakktを名乗るフィッシングブログが登場・・注意必要

    米国の金融メディアによると、最近Bakktがビットコイン先物取引をリリースしたばかりだがこの事実を利用し、投資家から仮想通貨を盗み取る詐欺事件が発生している。最近、ベルギー・モルタ島などの規制当局はBakktを名乗るMediumブログ「https://bakktlaunch.com」を摘発、投資家たちに注意を呼び掛けた。同ウェブサイトはBTC、ETHを送金すると送金額の5倍・10倍の仮想通貨を配ると投資家たちをだましている。具体的な被害額はまだ、知られていないがこういった「フィッシングサイト」には注意が必要だ。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を使えばいいのか、手数料
  • ICBウォレットも持ち逃げか・・一部の資金は現金化済み

    中国・韓国の多数のメディアによると、仮想通貨ウォレットサービスICBウォレットを運営するICCの「持ち逃げ」が疑われている。メディアによると、ICBウォレットは本日(19日)午前、「弊社に対するメディアの悪意を持つ攻撃によりユーザーから信頼を失った」と述べ、「この期間中に出金申請が多くなり、システムに負荷がかかった」と説明した。<ins></ins>また、現在はシステム復旧中につき、出金・配当サービスを一時停止するとアナウンスされている。ICCはシステム点検やアップデートを理由に以前も数回、出金を停止していたことがあったとメディアは説明した。同メディアはブロックチェーンセキュルティー企業「Pe