Keep - イーサリアムのプライバシー層

keepは、プライベートデータのオフチェーンコンテナーです。keepは、契約がパブリックブロックチェーンのフルパワーを活用するのを助け、プライベートデータとの深い対話性を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Keep?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プライバシーとスケーラビリティは、パブリックブロックチェーンが主流に採用されるための2つの最大のハードルです。 パブリックブロックチェーンとプライベートデータの間に橋を架けることにより、プライバシーに取り組んでいます。 このデータを保護および保存するために、キープまたは小さなオフチェーンコンテナを使用します。 Keepsは、個人データを扱うまったく新しい方法を可能にします。

チーム すべてを見る

Matt Luongo
Matt Luongo
Project Lead
Corbin Pon
Corbin Pon
Developer & Ops
Antonio Salazar Cardozo
Antonio Salazar Cardozo
Tech Lead
Laura Wallendal
Laura Wallendal
Growth
Prashanth Irudayaraj
Prashanth Irudayaraj
Ops & Research
Nik Grinkevich
Nik Grinkevich
Developer

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価