Keep - イーサリアムのプライバシー層

keepは、プライベートデータのオフチェーンコンテナーです。keepは、契約がパブリックブロックチェーンのフルパワーを活用するのを助け、プライベートデータとの深い対話性を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Keep?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プライバシーとスケーラビリティは、パブリックブロックチェーンが主流に採用されるための2つの最大のハードルです。 パブリックブロックチェーンとプライベートデータの間に橋を架けることにより、プライバシーに取り組んでいます。 このデータを保護および保存するために、キープまたは小さなオフチェーンコンテナを使用します。 Keepsは、個人データを扱うまったく新しい方法を可能にします。

チーム すべてを見る

Matt Luongo
Matt Luongo
Project Lead
Corbin Pon
Corbin Pon
Developer & Ops
Antonio Salazar Cardozo
Antonio Salazar Cardozo
Tech Lead
Laura Wallendal
Laura Wallendal
Growth
Prashanth Irudayaraj
Prashanth Irudayaraj
Ops & Research
Nik Grinkevich
Nik Grinkevich
Developer

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残