IronX - 仮想通貨業界のトップ,投資業界のNo.1,世界レベルの取引所

IRONXのビジョンは、これまで関係を構築してきた投資家と、力を合わせた仮想通貨取引所を創り上げることです。 これが、世界レベルの仮想通貨取引所を創設するために、IronFXから受け継いだ投資のビジネスと、仮想通貨の権威であるEmurgo HKを融合した理由です。 私たちは、投資家たちが慣れ親しむサービスを提供できる、そして仮想通貨市場への投資で生まれるメリットとそのサービスが調和する、そんな取引所を創りたいと考えています。私たちはこれまでのオンライン投資が生み出すメリットを、仮想通貨の投資家の皆さんにも知ってほしいと考えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IRX
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-01-15
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
0.4200 USD
トークン供給数
82,308,213
公式サイトへ Owner of IronX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • >50,000 USD - 5%
  • >150000 USD - 10%
  • >250000 USD - 15%
  • >500000 USD - 20%
  • >1000000 USD - 30%

概要

正式ライセンス取得

当グループは、ライセンスを正式に取得し、適正な規制のもと運営を行うことを常に第一としています。現在、エストニア金融情報機構(FIU)の正式な免許を保有していますが、その他主要管轄区域の正式免許も取得を予定しています。今後は、ジブラルタルとマルタの正式免許取得が予定されています。

既存クライアントが中心

IRONXは、IronFXグループを利用する1.2億人のクライアントと、カルダノをフォローする15万人のクライアントの応援とともに設立され、大規模なリクイディティ・プール機能へのアクセスを可能にしています。

法定通貨と仮想通貨での入出金

IRONXのプラットフォームでは、さまざまな法定通貨・仮想通貨での入出金が可能です。

年中無休のサポート

IRONXは、24時間365日のサポートだけではなく、さまざまな言語でも対応ができる、最初の取引所となります。

チーム すべてを見る

Kenji Sasaki
Kenji Sasaki
Cardano Co-Founder
Alex Hayashi
Alex Hayashi
EmurgoHK CEO
Andrew Raikes Hargreaves
Andrew Raikes Hargreaves
Corporate Governance Advisor & Government Liaison
Hillik Nissani
Hillik Nissani
Strategy, Marketing & Crypto Advisor
Ophir Gertner
Ophir Gertner
Blockchain & Crypto Advisor
Tal Cohen
Tal Cohen
Blockchain & Fintech Advisor

人気STO/ICO記事

  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたので、BTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますので、ひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitME
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数