IOV - ブロックチェーンおよびウォレットのユーザーに汎用的なプロトコルを提供

IOV はブロックチェーンの最初の分散型 DNS を構築します。それはインターネット価値のバックボーンとなります。ブロックチェーン ネーム サービス (BNS) には全てのアクティブなブロックチェーン、それらのトークン、およびそのブートストラップノードの IP アドレスが一覧されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IOV
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-01-30
調達金額
4,300,000 EUR
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1 IOV = 0.10 EUR
トークン供給数
271,000,000
公式サイトへ Owner of IOV?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームIOV Blockchain
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率65%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China, North Korea, Cuba
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

IOVは、ブロックチェーンとウォレットユーザーのための汎用プロトコルを提供します。

「誰でもが自分のブロックチェーンを所有しグローバルなエコシステムに統合できる世界を信じます」。

IOVは、ブロックチェーン上でデジタル資産を交換する際の複雑さ、人為的ミス、相互運用性の問題を解決します。

IOVは、自律的なブロックチェーンに効率的にアクセスできるようにするブロックチェーン通信プロトコルを提供します。

さらに、IOVは、参加しているすべてのブロックチェーンの最初のDNSであるブロックチェーンネームサービスを提供します。

チーム

Daria Samoylova
Daria Samoylova
Communication Strategist
Isabella Dell
Isabella Dell
Co-founder
Karim Ganem
Karim Ganem
Co-founder
Antoine Herzog
Antoine Herzog
Co-founder
Benjamin Simatos
Benjamin Simatos
Chief Strategy Offer
Ethan Frey
Ethan Frey
Lead Developper

人気STO/ICO記事

  • Cryptokittiesの開発会社1,100万ドル(約12億円)資金調達に成功・・新しいブロックチェーン開発か

    Forbesによると、CryptoKitties(クリプトキティーズ)の開発会社「Dapper Labs」はAndreessen Horowitz、Digital Currency Group、Warner Music Groupなどの投資会社から合わせて1,120万ドル(約12億円)の資金を追加調達した。この資金は「Dapper Labs」の新しいブロックチェーンである「Flow」を構築するために使われる。これで同会社が集めた資金は3,920万ドル(約42億円)に達する。新しく資金を投資した投資会社は「Dapper Labs」の持分をもらえて、会社がSECの承認をえると、彼らの持分を「Flo
  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格
  • まだ間に合うかも!?XLMもある、今週のエアドロまとめ

    今週久しぶりにエアドロ参加したなぁと思ったので、まとめてみました。3つあるのですが、全部参加しました?割と、プロジェクトしては大きな所がやっているので、これを機会に触ってみよう位の気持ちでやってもいい気はします。パッと見はメッセンジャーアプリです。ただ、ファイルやメッセージは暗号化されていて、公開鍵と秘密鍵で管理出来ます。ビジネス的なやり取りで実用に耐える/使われるフェーズが来るとかなり面白いインフラになる可能性を秘めていますね。詳細は下記の記事に詳しいです。韓国最大のメッセンジャーアプリ・Kakaoが主導し、かなり多くの有力企業が参加するコンソーシアム・チェーンになっています。201