IOV - ブロックチェーンおよびウォレットのユーザーに汎用的なプロトコルを提供

IOV はブロックチェーンの最初の分散型 DNS を構築します。それはインターネット価値のバックボーンとなります。ブロックチェーン ネーム サービス (BNS) には全てのアクティブなブロックチェーン、それらのトークン、およびそのブートストラップノードの IP アドレスが一覧されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IOV
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-01-30
調達金額
4,300,000 EUR
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1 IOV = 0.10 EUR
トークン供給数
271,000,000
公式サイトへ Owner of IOV?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームIOV Blockchain
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率65%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China, North Korea, Cuba
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

IOVは、ブロックチェーンとウォレットユーザーのための汎用プロトコルを提供します。

「誰でもが自分のブロックチェーンを所有しグローバルなエコシステムに統合できる世界を信じます」。

IOVは、ブロックチェーン上でデジタル資産を交換する際の複雑さ、人為的ミス、相互運用性の問題を解決します。

IOVは、自律的なブロックチェーンに効率的にアクセスできるようにするブロックチェーン通信プロトコルを提供します。

さらに、IOVは、参加しているすべてのブロックチェーンの最初のDNSであるブロックチェーンネームサービスを提供します。

チーム

Daria Samoylova
Daria Samoylova
Communication Strategist
Isabella Dell
Isabella Dell
Co-founder
Karim Ganem
Karim Ganem
Co-founder
Antoine Herzog
Antoine Herzog
Co-founder
Benjamin Simatos
Benjamin Simatos
Chief Strategy Offer
Ethan Frey
Ethan Frey
Lead Developper

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし