IOV - ブロックチェーンおよびウォレットのユーザーに汎用的なプロトコルを提供

IOV はブロックチェーンの最初の分散型 DNS を構築します。それはインターネット価値のバックボーンとなります。ブロックチェーン ネーム サービス (BNS) には全てのアクティブなブロックチェーン、それらのトークン、およびそのブートストラップノードの IP アドレスが一覧されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IOV
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-01-30
調達金額
4,300,000 EUR
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1 IOV = 0.10 EUR
トークン供給数
271,000,000
公式サイトへ Owner of IOV?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームIOV Blockchain
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率65%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China, North Korea, Cuba
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

IOVは、ブロックチェーンとウォレットユーザーのための汎用プロトコルを提供します。

「誰でもが自分のブロックチェーンを所有しグローバルなエコシステムに統合できる世界を信じます」。

IOVは、ブロックチェーン上でデジタル資産を交換する際の複雑さ、人為的ミス、相互運用性の問題を解決します。

IOVは、自律的なブロックチェーンに効率的にアクセスできるようにするブロックチェーン通信プロトコルを提供します。

さらに、IOVは、参加しているすべてのブロックチェーンの最初のDNSであるブロックチェーンネームサービスを提供します。

チーム

Daria Samoylova
Daria Samoylova
Communication Strategist
Isabella Dell
Isabella Dell
Co-founder
Karim Ganem
Karim Ganem
Co-founder
Antoine Herzog
Antoine Herzog
Co-founder
Benjamin Simatos
Benjamin Simatos
Chief Strategy Offer
Ethan Frey
Ethan Frey
Lead Developper

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し