Instoken - グローバルサービス市場を推進

私たちは、社会には包括的な解決策がないと考えています。 顧客が信頼できるプロバイダーをブラウズ、レビュー、比較、評価することを可能にするサービスマーケットプレイスのユニークなエコシステムであり、信頼性と快適性の要素を高めながらリアルタイムで視覚的に接続できるプラットフォームを備えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INSTA
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-15
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 INSTA = 0.05 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Instoken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

サービスのアグリゲータとしてのInstanceアプリは、最低料金とゼロスタートアップコストでサービスを提供しようとしている経済労働者のための堅牢なプラットフォームを提供します。

Instanceアプリを使用すると、信頼できるサービスプロバイダをブラウズ、レビュー、比較、評価することができ、リアルタイムで視覚的に接続して信頼性と快適性を高めるプラットフォームを利用できます。

Instanceアプリは、2018年初めに台湾で、その後第2四半期にマレーシアに進出した後、実質的に成長している市場です。実行可能で、実証済みのビジネスコンセプトです。Instanceの継続的な需要の要点があります。

  • サービスは、生活中のすべての消費者の基本に必要です。
  • Instanceは、デジタルプレゼンスと世界的な支持者を狙う低コストの新興企業への答えです。
  • Instokenは、従来の決済モードの欠点を解消し、消費者とサービスプロバイダーに真のグローバル通貨を提供します。

Instanceの成長計画を加速し、Instaを使用してネットワークをシードするために、ディストリビュータはInstaをトークン生成イベント(「トークン生成イベント」)で発行します。 Instaは、Instanceアプリ上のトランザクションの完全なトランザクショナルで安定したトークンであり、Instokenプラットフォーム上に構築されます。

Instokenは、グローバルサービス市場に力を入れる可能性を秘めています。消費者とサービスプロバイダーは世界中で利益を得ることができます。

チーム すべてを見る

Ng Pak Lim (Ben Ng)
Ng Pak Lim (Ben Ng)
CEO & Founder
Nour Helmi
Nour Helmi
CTO
Sia Wei Soon (Wilson Sia)
Sia Wei Soon (Wilson Sia)
Co-founder
Fred Lim
Fred Lim
CFO
Jon Tallis
Jon Tallis
Head of Marketing
Adrian Lee
Adrian Lee
Operations Manager, Co-founder

人気STO/ICO記事

  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)