ZILLA - トークンクラウドセール市場

ZILLAは仮想通貨コレクターが査定済みのICOに簡単かつ安全に参加するための入り口として機能し、企業がICOをより効果的に宣伝することを可能にします。Etradeは一般市民にICO市場を解放しました。Amazonは商品をオンラインで簡単に購入できるようと同様に、ZILLAはICOクラウドセールの統一市場を提供します。1500を超える進行中のICOにおいて、投資家は様々なICOの正当性を比較し、検証することが不可能に近いです。Zillaを使用すると、ユーザーには検証済みのICOプロジェクトリストが提示されます。ユーザーはクレジットカード、仮想通貨またはその他のICOトークンで選択したプロジェクトにワンクリックで参加できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ZLA
開始日時
2017-11-30
終了日時
2017-03-27
調達金額
15,000 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ZILLA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ZILLAの創設者は、ICO購入プラットフォームを作成する共通のビジョンを共有しています。 ZILLAは、仮想通貨愛好者が簡単かつ安全にさまざまな審査を受けたICOに参加できるようにするとともに、企業がICOをより効果的に行うことを可能にするゲートウェイとしても機能します。ICOの参加者がより一般的になってきています。 1500を超える継続中のICOのデータより、バイヤーが様々なICOの追跡、比較、検証を行うことは圧倒的になっていますが、ICO環境の複雑さは驚異的です。参加者が競合するICOを便利に把握して比較できるように、簡単なフレンドリーな直感的なプラットフォームは存在しません。

さらに、新しい仮想通貨愛好家のための参照ポイントはありません。ICOに参加する前に、参加者は、提案されたプロジェクトの仕組み、プロジェクトの背後にあるチームの背景や資質の調査、購入しているものの正確な理解について慎重に学習しなければなりません。これらの問題は、各ICOが受ける注意の量を減らし、ICOの数が増えるにつれて、高品質のICOの露出を最大にすることがますます重要になります。

ZILLAは、ICOクラウドセールの統一市場を提供することで、このプロセス全体を簡単にします。 EtradeやAnt Financialは株式市場を一般の人々にもっとアクセスしやすくし、AlibabaとAmazonは製品をオンラインで簡単に購入できるように、ZILLAはICOクラウドセールを一つ単純なアプリの形で通常のユーザー達に提供します。 ユーザーには、適切に審査されたICOプロジェクトのリストと、参加決定を下すために必要なすべての情報が提示されます。決定が下されると、ユーザーは選択したプロジェクトにワンクリックで参加できます 。

ZILLAは、日本、韓国、中国、そして英語圏の国々からのユーザーが自分の言語でICO情報を閲覧することを可能にする初めてのマルチリンガルアプリICOプラットフォームです。これらの市場は仮想通貨市場の温床とみなされ、これまでの単一のICOプラットフォームはこれらすべての市場を網羅していません。

ブロックチェーンイベントプラットフォーム

検索

世界中のブロックチェーンカンファレンスと ミートアップを、一ヵ所で探すことができます。

支払いは暗号通貨で

暗号通貨でカンファレンスのチケットを購入できるのは、ここだけです。

割引

ZLAトークンを使って、20%のキャッシュバックを獲得できます。(近日公開)

ポイントコイン

イベントのポイントコインを入手して、イベントで特典を獲得できます。

暗号通貨ウォレット

分散型

ご自分の暗号通貨を完全に管理できます。私たちはお客様の資産にアクセスすることはありません。

安全

セキュリティを継続的にテストしています。

使いやすい

暗号通貨を安全かつ簡単に送受信できます。

暗号通貨資産のマーケットプレイス

ICOプロジェクトを検索

選りすぐりの、ここだけのトークンセールを検索できます。選りすぐりの、ここだけのトークンセールを検索できます。

学ぶ

ICOに関するわかりやすい情報が満載です。ICOに関するわかりやすい情報が満載です。

KYC(本人確認)

一度KYCを完了すれば、ZILLAアプリから何度でも投資できます。

ZILLAトークン(ZLA)

保有するZLAトークンが増えるほど、 より多くのAirdropを獲得できます。ZILLAのICOは、AirdropでZLAトークンを配布することで投資家を惹きつけています。トークンはICOへの参加やZILLAでの商品の購入などに利用できます。

ICOに参加すればするほどZLAトークンが増え、受け取るAirdropも増えます。

ニュース

2018年9月7日、Datumと提携

2018年9月18日、ウォレットとKYCをリリース

2018年9月21日、仮想通貨取引所Dether、Golixに上場

2018年9月26日、仮想通貨取引所BitKopに上場

2018年10月2日、仮想通貨取引所LATOKENに上場

2019年2月13日、ブロックチェーンイベントプラットフォームZILLA Eventsをリリース

2019年5月9日、フォーセット‧アズ‧ア‧サービス(無料の暗号通貨を配布したり受け取ったりするためのもの)をリリース

チーム すべてを見る

Abasa Phillips
Abasa Phillips
Team Leader
Tanvir Shahid
Tanvir Shahid
Blockchain Developer
Michael Montague
Michael Montague
Blockchain Developer
Hendar Rismanto
Hendar Rismanto
Back End Developer
Richard Lamar II
Richard Lamar II
iOS Developer
Tomomi Yamashita
Tomomi Yamashita
Compliance Officer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[