Infleum - 透明な取引構造

INFLEUMはブロックチェーンを使用して透明的な取引構造を実装し、個人は自由に参加でき、誰もが利益を得ます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
IFUM
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
0.0200 USD
トークン供給数
900,000,000
公式サイトへ Owner of Infleum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC, ETC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

INFLEUM は、ELSOLCOMPANY によって作成されたブロックチェーンプラットフォームであり、個人の小さなアイデアや行動が利益につながる透明な取引構造を作り出すことを目指しています。

ELSOLCOM はブランド出版会社であり、小規模なアイデアが活発なビジネスになるために遭遇する様々な問題に対する解決策を提供するために必要な経験と知見を持っています。

過去には、知り合いに尋ねたり、魅力的なビジネスアイデアやアイテムでもプロトタイプを売ることなく、初期資本を得ることは困難でした。

しかし、クラウドファンディングのような形式で、アイデアをオンラインで紹介し、複数の第三者から投資家を得ることが可能になりました。

しかし、最初の資金調達の後でさえ、韓国の損益分岐点(BEP)に達することは、独立した会社(企業に接続されていない)にとって平均 2 年かかります。

ブランドを運営するには、企画、デザイン、制作、流通、マーケティングなどの多くのプロセスにリソースが必要です。したがって、費用を上回るためには、ブランドは少なくとも 2 年間耐える必要があります。

これは、ELSOLCOM が小規模ブランドの潜在能力を実現するための社内ブランド発行プラットフォームを作り出した理由です。

このプラットフォームは、前述の長期的な成長期の材料費と機会費用を最小限に抑え、一連のプロセスを 3 ヶ月に短縮し、個人、新興企業および中小企業が円滑かつ柔軟に成長するのを支援します。

このプラットフォームは、計画、設計、流通、およびマーケティングを単一のプロセスに統合し、ほぼ即時の利益を生み出します。

したがって、プラットフォームを使用することにより、ブランドはビジネス開発に専念するために余分な時間とリソースを獲得し、最終的に 100 日以内に新しいブランドをビジネスとして立ち上げることができる効率率に到達します。

INFLEUM は、ELSOL の社内プラットフォームに基づいています。

DAPP としての独立ブランドの成長を支援するソリューションとインフラストラクチャを提供し、ユーザーの接続と報酬のための新しい機能も備えています。 INFLEUM Platform は、ブロックチェーン技術をベースとした総合ブランド出版プラットフォームになります。

INFLEUM とブランド出版との関係を通じて個人が得られる価値は?

ほとんどのプラットフォームは、人、人、ビジネス、ビジネスをビジネスに結び付けています。

ロールは、商業的利益に応じて区別されます。

  • 消費者:ユーザー、バイヤー、マーケティング担当者など
  • サプライヤー:プロデューサー、オペレーター、広告主など

しかし、INFLEUM Platform は、1 人のユーザを 1 つのロールに制限することは自由です。

これは、個人が制限なくあらゆる役割に参加することを可能にする。

例えば、個人は、コンテンツを消費するユーザであってもよいが、サービスを要求する広告主であってもよい。INFLEUM Platform は、プロデューサーやソーシャルチャネル上のコンテンツマーケティング担当者として利益を上げることができます。

INFLEUM は、業界と著名な役割の境界を打破し、自由な参加と公正な報酬の不可能な仕事をブロックチェーンを通じて可能にします。

INFLEUM の構造は、すべてのユーザーに利益をもたらす準備が整った透明な取引プラットフォームを構築します。

チーム すべてを見る

Joonho (Pheonix) Choi
Joonho (Pheonix) Choi
CEO, Co-Founder
Joon An
Joon An
COO, Co-Founder
Seungwook Noh
Seungwook Noh
CMO, Co-Founder
Steve Jeong
Steve Jeong
CTO, Technical Director
Ryan Lee
Ryan Lee
Financial Officer
Sanbo Na
Sanbo Na
Business cooperation

人気STO/ICO記事

  • クロスエクスチェンジを金融庁が警告・・無登録業者

    金融庁は21日、仮想通貨取引所クロスエクスチェンジ(CROSS exchange)の運営会社「CBASE FINTECH LAB LLC」に対し、無登録で仮想通貨交換業を行ったとし、を行った。CROSS exchangeは中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているが、日本でセミナーを開くなど積極的なマーケティングを行い日本人ユーザーが多数いると推測される。金融庁は去年の12月にも、ノアコイン(NOAH)の運営会社が開設した「BtcNext Company Limited」に対してもを行っている。
  • TaoTaoがBinanceとの提携交渉の開始を正式発表

    昨日、リークされていたYahoo!JapanとBinanceの提携に関する報道があったが、グループ傘下にある暗号資産取引所・TaoTao社から提携交渉を開始したと正式に発表があった。今回公表されたのは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意した事までで、具体的な内容は明かされていない。参考:
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価