STAR BIT® はあなたがSBT募集へ参入するよう呼びかけています。デジタルアセットを作り出し、ブロックチェーンが世界を変える過程に携わり、安定した受動的所得を貯めます! SBT 所持者全員がSTAR BITEX 手数料からの定期的配当を得ることができます。利益シェアのもと、ユーザーは株主と同様に、推薦継続誘致手数料収益をシェアし、プラットホームのアップデートに用いられ、機能を追加して、更に多くのユーザーの参入を誘致します。このような不断の好循環のもと、ユーザーと取引所にとって、ウィンウィンを実現できる経済システムが構築されます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBT
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
3,500 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 SBT
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of STAR BIT EX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 to 7 of ICO - 20%
  • Day 8 to 20 of ICO - 10%

概要

取引所 50% の手数料配当を獲得

ユーザーによるプラットホームの利用とSBTの所持を促すため、STAR BIT®プラットホーム専属の配当分配スマートコントラクトを確立し、プラットホーム手数料収入の50%を一定の比例で、SBTを所持するユーザーのウォレットに支給します。

同時に全世界の取引所で商品陳列される有力通貨

STAR BIT®は、通貨が棚に適しているかどうかを確認するために、実際の適用可能性、チームの技術力など、イントラネット取引所に通貨が置かれる前に評価されます。 評価の後、通貨はリーグ全体の棚に置かれます。 SBTはリーグの通貨であり、連合全体の分散型取引で利用可能であり、流動性が高い。

STAR BIT® 各サービスの支払

SBTはSTAR BIT® は提供する各専門サービスの支払に利用することができます。その内、取引手数料、トークン棚代、ICO 受託販売サービス料などが含まれています。将来の新製品やサービスにも SBTを費用として支払うことができます。

15% SBTが公益団体に所持されている

SBT は世界初の慈善計画を普及させる暗号化通貨です。“慈善オンチェーン”計画を通じて、総発行量の 15% を慈善オンチェーンに参加する公益団体へ寄付し、これらの団体以外は配当を獲得できますが、取引できないため、貨幣価値の下落を引き起こすことがありません。ブロックチェーンの公開性で将来、寄付金の寄付、用途と流れを更に透明化にすることができます。

チーム すべてを見る

Sway Teng
Sway Teng
CEO & Co-founder
Winson Chen
Winson Chen
President & Co-founder
Alex Wen
Alex Wen
Partner
Jack Tseng
Jack Tseng
CTO
Patrick Teng
Patrick Teng
Manager
Tin Wang
Tin Wang
Marketing Director

人気ICO記事

  • KBCOIN:トークンを持っているだけで配当をもらえる?新しい形の取引所登場!

    最大初の会員等級制配当、上場投票システムを備えた「ユーザーフレンドリーな仮想通貨取引所ケービーコイン(KB Coin、www.kbcoin.com)」が10月10日のβ版オープンを皮切りに登場する。ケービーコイン取引所を運営する(株)ケービットグループは、韓国の代表的な仮想通貨分野のベンチャーキャピタルでありマーケティングカンパニーとして、これまで独自の分析チームを通じて多くの新規コインを分析、紹介し、また、成長する可能性の高いプロジェクトに投資することで、国内外でマーケティングを進めてきた。ケービット関係者は、「ケービーコイン取引所は独自の分析チームと専門のレビュアーによる分析を基に取引所利
  • IOV -- ブロックチェーンを人類の手元にもたらす

    「弊社は公平性、透明性、信頼という価値を体現する未来を築き上げることを希望しています。今のところ暗号通貨の世界はあまりにも複雑です。普及に至るためには、ブロックチェーン技術へのアクセスが簡単かつシームレスなユーザーエクスペリエンスである必要があります」。「暗号通貨利用の普及に取り組むうえでの大きな問題として、トークントランザクションの実行が難しい点が挙げられます。エンドユーザーが実際に利用する際の観点からは、従来のブロックチェーンプラットフォームは、とりわけウォレットアドレスに関するユーザーエクスペリエンスの問題を解決できていません。例えば、暗号通貨取引の際にかなり頻繁に発生する問題として、
  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong