STAR BIT EX - 世界レベル分散型取引同盟 ICO

STAR BIT® はあなたがSBT募集へ参入するよう呼びかけています。デジタルアセットを作り出し、ブロックチェーンが世界を変える過程に携わり、安定した受動的所得を貯めます! SBT 所持者全員がSTAR BITEX 手数料からの定期的配当を得ることができます。利益シェアのもと、ユーザーは株主と同様に、推薦継続誘致手数料収益をシェアし、プラットホームのアップデートに用いられ、機能を追加して、更に多くのユーザーの参入を誘致します。このような不断の好循環のもと、ユーザーと取引所にとって、ウィンウィンを実現できる経済システムが構築されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBT
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
3,500 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 SBT
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of STAR BIT EX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 to 7 of ICO - 20%
  • Day 8 to 20 of ICO - 10%

概要

取引所 50% の手数料配当を獲得

ユーザーによるプラットホームの利用とSBTの所持を促すため、STAR BIT®プラットホーム専属の配当分配スマートコントラクトを確立し、プラットホーム手数料収入の50%を一定の比例で、SBTを所持するユーザーのウォレットに支給します。

同時に全世界の取引所で商品陳列される有力通貨

STAR BIT®は、通貨が棚に適しているかどうかを確認するために、実際の適用可能性、チームの技術力など、イントラネット取引所に通貨が置かれる前に評価されます。 評価の後、通貨はリーグ全体の棚に置かれます。 SBTはリーグの通貨であり、連合全体の分散型取引で利用可能であり、流動性が高い。

STAR BIT® 各サービスの支払

SBTはSTAR BIT® は提供する各専門サービスの支払に利用することができます。その内、取引手数料、トークン棚代、ICO 受託販売サービス料などが含まれています。将来の新製品やサービスにも SBTを費用として支払うことができます。

15% SBTが公益団体に所持されている

SBT は世界初の慈善計画を普及させる暗号化通貨です。“慈善オンチェーン”計画を通じて、総発行量の 15% を慈善オンチェーンに参加する公益団体へ寄付し、これらの団体以外は配当を獲得できますが、取引できないため、貨幣価値の下落を引き起こすことがありません。ブロックチェーンの公開性で将来、寄付金の寄付、用途と流れを更に透明化にすることができます。

チーム すべてを見る

Sway Teng
Sway Teng
CEO & Co-founder
Winson Chen
Winson Chen
President & Co-founder
Alex Wen
Alex Wen
Partner
Jack Tseng
Jack Tseng
CTO
Patrick Teng
Patrick Teng
Manager
Tin Wang
Tin Wang
Marketing Director

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi