STAR BIT EX - 世界レベル分散型取引同盟 ICO

STAR BIT® はあなたがSBT募集へ参入するよう呼びかけています。デジタルアセットを作り出し、ブロックチェーンが世界を変える過程に携わり、安定した受動的所得を貯めます! SBT 所持者全員がSTAR BITEX 手数料からの定期的配当を得ることができます。利益シェアのもと、ユーザーは株主と同様に、推薦継続誘致手数料収益をシェアし、プラットホームのアップデートに用いられ、機能を追加して、更に多くのユーザーの参入を誘致します。このような不断の好循環のもと、ユーザーと取引所にとって、ウィンウィンを実現できる経済システムが構築されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBT
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
3,500 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 SBT
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of STAR BIT EX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 to 7 of ICO - 20%
  • Day 8 to 20 of ICO - 10%

概要

取引所 50% の手数料配当を獲得

ユーザーによるプラットホームの利用とSBTの所持を促すため、STAR BIT®プラットホーム専属の配当分配スマートコントラクトを確立し、プラットホーム手数料収入の50%を一定の比例で、SBTを所持するユーザーのウォレットに支給します。

同時に全世界の取引所で商品陳列される有力通貨

STAR BIT®は、通貨が棚に適しているかどうかを確認するために、実際の適用可能性、チームの技術力など、イントラネット取引所に通貨が置かれる前に評価されます。 評価の後、通貨はリーグ全体の棚に置かれます。 SBTはリーグの通貨であり、連合全体の分散型取引で利用可能であり、流動性が高い。

STAR BIT® 各サービスの支払

SBTはSTAR BIT® は提供する各専門サービスの支払に利用することができます。その内、取引手数料、トークン棚代、ICO 受託販売サービス料などが含まれています。将来の新製品やサービスにも SBTを費用として支払うことができます。

15% SBTが公益団体に所持されている

SBT は世界初の慈善計画を普及させる暗号化通貨です。“慈善オンチェーン”計画を通じて、総発行量の 15% を慈善オンチェーンに参加する公益団体へ寄付し、これらの団体以外は配当を獲得できますが、取引できないため、貨幣価値の下落を引き起こすことがありません。ブロックチェーンの公開性で将来、寄付金の寄付、用途と流れを更に透明化にすることができます。

チーム すべてを見る

Sway Teng
Sway Teng
CEO & Co-founder
Winson Chen
Winson Chen
President & Co-founder
Alex Wen
Alex Wen
Partner
Jack Tseng
Jack Tseng
CTO
Patrick Teng
Patrick Teng
Manager
Tin Wang
Tin Wang
Marketing Director

人気STO/ICO記事

  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・