STAR BIT EX - 世界レベル分散型取引同盟 ICO

STAR BIT® はあなたがSBT募集へ参入するよう呼びかけています。デジタルアセットを作り出し、ブロックチェーンが世界を変える過程に携わり、安定した受動的所得を貯めます! SBT 所持者全員がSTAR BITEX 手数料からの定期的配当を得ることができます。利益シェアのもと、ユーザーは株主と同様に、推薦継続誘致手数料収益をシェアし、プラットホームのアップデートに用いられ、機能を追加して、更に多くのユーザーの参入を誘致します。このような不断の好循環のもと、ユーザーと取引所にとって、ウィンウィンを実現できる経済システムが構築されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBT
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
3,500 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 SBT
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of STAR BIT EX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 to 7 of ICO - 20%
  • Day 8 to 20 of ICO - 10%

概要

取引所 50% の手数料配当を獲得

ユーザーによるプラットホームの利用とSBTの所持を促すため、STAR BIT®プラットホーム専属の配当分配スマートコントラクトを確立し、プラットホーム手数料収入の50%を一定の比例で、SBTを所持するユーザーのウォレットに支給します。

同時に全世界の取引所で商品陳列される有力通貨

STAR BIT®は、通貨が棚に適しているかどうかを確認するために、実際の適用可能性、チームの技術力など、イントラネット取引所に通貨が置かれる前に評価されます。 評価の後、通貨はリーグ全体の棚に置かれます。 SBTはリーグの通貨であり、連合全体の分散型取引で利用可能であり、流動性が高い。

STAR BIT® 各サービスの支払

SBTはSTAR BIT® は提供する各専門サービスの支払に利用することができます。その内、取引手数料、トークン棚代、ICO 受託販売サービス料などが含まれています。将来の新製品やサービスにも SBTを費用として支払うことができます。

15% SBTが公益団体に所持されている

SBT は世界初の慈善計画を普及させる暗号化通貨です。“慈善オンチェーン”計画を通じて、総発行量の 15% を慈善オンチェーンに参加する公益団体へ寄付し、これらの団体以外は配当を獲得できますが、取引できないため、貨幣価値の下落を引き起こすことがありません。ブロックチェーンの公開性で将来、寄付金の寄付、用途と流れを更に透明化にすることができます。

チーム すべてを見る

Sway Teng
Sway Teng
CEO & Co-founder
Winson Chen
Winson Chen
President & Co-founder
Alex Wen
Alex Wen
Partner
Jack Tseng
Jack Tseng
CTO
Patrick Teng
Patrick Teng
Manager
Tin Wang
Tin Wang
Marketing Director

人気STO/ICO記事

  • Yahoo!出資の仮想通貨取引所TAOTAOとは?メリット・特徴

    ✅【お得】手数料がすべて無料取引手数料、円の入出金手数料・仮想通貨の入出金手数料を始め、2019年8月28日(水)からは手数料がすべて無料になるキャンペーンが開催され、レバレッジ取引を取り扱う取引所では必ず発生する建玉管理料まで無料!✅【お得】スプレッドが業界最小レベル買値と売値に出来る差額をスプレッドといいます。スプレッドは見えない手数料とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほど損をしない取引ができます。TAOTAOはスプレッドが業界最小レベルなので他販売所よりお得です。✅【安心】Yahoo!のグループ会社が出資TAOTAO取引所にはヤフーの子会社が出資しており、万が一ハッキングなどの大
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし