STAR BIT EX - 世界レベル分散型取引同盟 ICO

STAR BIT® はあなたがSBT募集へ参入するよう呼びかけています。デジタルアセットを作り出し、ブロックチェーンが世界を変える過程に携わり、安定した受動的所得を貯めます! SBT 所持者全員がSTAR BITEX 手数料からの定期的配当を得ることができます。利益シェアのもと、ユーザーは株主と同様に、推薦継続誘致手数料収益をシェアし、プラットホームのアップデートに用いられ、機能を追加して、更に多くのユーザーの参入を誘致します。このような不断の好循環のもと、ユーザーと取引所にとって、ウィンウィンを実現できる経済システムが構築されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBT
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
3,500 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 SBT
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of STAR BIT EX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 to 7 of ICO - 20%
  • Day 8 to 20 of ICO - 10%

概要

取引所 50% の手数料配当を獲得

ユーザーによるプラットホームの利用とSBTの所持を促すため、STAR BIT®プラットホーム専属の配当分配スマートコントラクトを確立し、プラットホーム手数料収入の50%を一定の比例で、SBTを所持するユーザーのウォレットに支給します。

同時に全世界の取引所で商品陳列される有力通貨

STAR BIT®は、通貨が棚に適しているかどうかを確認するために、実際の適用可能性、チームの技術力など、イントラネット取引所に通貨が置かれる前に評価されます。 評価の後、通貨はリーグ全体の棚に置かれます。 SBTはリーグの通貨であり、連合全体の分散型取引で利用可能であり、流動性が高い。

STAR BIT® 各サービスの支払

SBTはSTAR BIT® は提供する各専門サービスの支払に利用することができます。その内、取引手数料、トークン棚代、ICO 受託販売サービス料などが含まれています。将来の新製品やサービスにも SBTを費用として支払うことができます。

15% SBTが公益団体に所持されている

SBT は世界初の慈善計画を普及させる暗号化通貨です。“慈善オンチェーン”計画を通じて、総発行量の 15% を慈善オンチェーンに参加する公益団体へ寄付し、これらの団体以外は配当を獲得できますが、取引できないため、貨幣価値の下落を引き起こすことがありません。ブロックチェーンの公開性で将来、寄付金の寄付、用途と流れを更に透明化にすることができます。

チーム すべてを見る

Sway Teng
Sway Teng
CEO & Co-founder
Winson Chen
Winson Chen
President & Co-founder
Alex Wen
Alex Wen
Partner
Jack Tseng
Jack Tseng
CTO
Patrick Teng
Patrick Teng
Manager
Tin Wang
Tin Wang
Marketing Director

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: