Aidus - 分散型グローバルファンドマーケットプレイス

AIDUS Global D-Fund Platformは、Ethereumネットワーク上に構築された分散化ファンド・マーケットとして、全世界の投資家および資産運用会社がブロックチェーンおよびスマートコントラクトを使用して安全で透明な方法に基づきPeer to Peerファンド契約を生成するよう支援し、契約された当該ファンド情報をブロックチェーンに登録することで、Oracles*Agentを通じファンド情報を持続的に提供する資産運用専門のプラットフォームである。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AID
開始日時
2019-01-17
終了日時
2019-01-31
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
0.0600 USD
トークン供給数
2,654,000,000
公式サイトへ Owner of Aidus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率13.3%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st Pre Sale 25% - 2nd Pre Sale 10%

概要

AIDUSチームのコア・コンピタンスは、国際外国為替市場(FOREX、Foreign exchange)で最高の収益率を安定的に確保するFXマージン取引トレーディングシステム(ForeignExchange Margin Trading System)に関する技術力と、運用ノウハウといえる。これをベースにしたターゲット市場は、単一市場としては世界最大規模のグローバル資産運用市場である。

AIDUSプロジェクトチームが保有しているQuant Trading System(以降「QTS」)は、15年間の研究・開発期間を経て、3年前の2015年に開発を完了し、2016年から世界の多くの資産運用専門家を対象にしたデモンストレーションやテスト運用を通じ、その安定性が検証されたシステムである。

ここ3年間、独歩高の収益率を達成し認められてきたQTSと連携し、単一の基軸通貨(AIDUS Coin)で運営されるAIDUS Global D-Fund Platform(ADFP)が、従来の仮想通貨市場と資産運用市場を対象と披露する中核的な革新の内容は、下記のとおり要約することができる。

  • ファンダメンタルの担保したコインモデルを通じ、コイン所有者を保護(投資家保護)
  • 資産運用(実物経済)に直接使用される実証コイン価値の実現
  • 世界ファンド商品を自由に購入・換金可能な脱中央化ファンド・スーパーマーケットサービスを提供
  • 安定的かつ独歩高の収益率を上げる様々なファンド商品を全世界に供給

このようにAIDUS Global D-Fund Platform(ADFP)は、現存する仮想通貨が解決できなかった問題点と、グローバル資産運用市場にて多くの投資家や資産運用会社が抱えていた問題点(Pain Point)に画期的な改善が期待されるイノベーションを提示するであろう。

このようなイノベーションを通じ、我々AIDUSプロジェクトチームは、現在グローバル資産運用市場をリードする世界的な企業を追い抜き、グローバル市場をリードしていく計画である。

チーム すべてを見る

David Chen
David Chen
CEO
Ted Min
Ted Min
COO/FOUNDER
Jason Yoo
Jason Yoo
CSO
Alexey Grakov
Alexey Grakov
CTO
Kyle Ahn
Kyle Ahn
CIO
David Lee
David Lee
Management Support Director

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る