あなたのICOを簡単、安全かつ専門的に創造する革新的なプラットフォームです。 プロジェクトに必要なすべてのサービス:KYC、AI監査、スマートコントラクトウィザード、リーガルテンプレート、マスターノード管理、単一のSaaSプラットフォームで!

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ICH
開始日時
2018-05-22
終了日時
2018-08-23
最低目標
250,000 USD
最高目標
1,000,000 USD
初回価格
1 ICH = 0.09 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of ICOStart?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ICOSartは、常にクラウドファンディングとアドバイスに従事してきたスイスの企業が代表する健全な基盤から生まれたものです。

非常に明るくダイナミックなチームのイニシアチブとダイナミズムと相まって、スイスの仕事の仕方を区別するプロフェッショナリズムと効率性は、プロジェクトの心を構成します。

ここ数年、計量経済学者、マーケティングの専門家、コンピュータエンジニア、グラフィックデザイナー、ウェブマスター、ITマネージャ、ブロックチェーンの専門家、暗号化トレーダーから構成されたチームは、ブロックチェーン技術の分野で調査、分析、スマートな契約、分配された元帳の暗号化通貨およびICOで構成されるこの新しい世界に精通しています。

この分野における主要な選手や専門家との関係により、この新しい金融技術時代に形作られているすべての問題と機会を詳細に分析することが可能になりました。

私たちのプロジェクトの強みは、今や市場とのやり取りの方法を変えなければならないことを理解した人々に支援を提供し、この経済的および技術的変革の一部となる意志を持つことです。

このニーズを満たすために、私たちはICOStartプラットフォームを創設し、自社ICO(初期コイン・オファリング)を簡単かつ安全かつ専門的に作成したい新興企業や既存企業に特定のサービスを提供しています。

お客様の知る、人工知能システムでサポートされているプロジェクトの監査、独自のICO、法律テンプレート、マスターノード管理を実現するためのスマートな契約構成担当者、単一のプラットフォームで成功したICOを実現するために必要なもの。

ICOStartプラットフォームは、サービスの利用を迅速かつ容易にするために作成するユーティリティトークンを通過する閉鎖経済に基づいています。

チーム すべてを見る

Gianluca Rotondaro
Gianluca Rotondaro
CTO & Co-Founder
Nicola Maganetti
Nicola Maganetti
Co-founder, R&D Director
Alberto Salpietro
Alberto Salpietro
CEO & Owner
Andrea Croci
Andrea Croci
Co-Founder & Community Manager
Tommaso Cornelli
Tommaso Cornelli
Sales & Marketing Director
Inga Akulauskaite
Inga Akulauskaite
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: