Bitdepositary - 集中型ICOと投資家の間のギャップを埋める

Bitdepositaryは、あなたのICO投資をより安全にするための統合された支払いソリューションを備えた、初めての最大規模の新世代Q-RatioマーケットICO創設コミュニティです。私たちは、プロジェクトマネージャーと投資家の大規模なコミュニティのための仲介者および支払いプラットフォームとして機能しす。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BDT
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-11-14
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 BDT = 0.10 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Bitdepositary?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, EOS, DASH, PAYPAL
供給率63%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Pre Sale - 50% Discount of public Sale (no maximum Investment)
  • Open Pre Sale - 50% Discount of public Sale
  • Public Sale - 05th September to 19th September - 30% Bonus
  • Public Sale - 19th September to 03th October - 20% Bonus
  • Public Sale - 3th October to 17th October - 15% Bonus
  • Public Sale - 17th October to 31st October - 10% Bonus
  • Public Sale - 31th October to 14th November - 5% Bonus

概要

我々は$ 9.8億の次の波と投資家をどのように助けることができますか?あるいは、次の434 +スタートアップは資金を調達し、資金を確実に送っていますか?我々は、これらの小規模な「資金提供」産業に新興企業に、TeamBit、専門家、投資家のコミュニティ自身の考えを見直す機会を提供する予定です。コミュニティ全体を保護しながら、資金が適切なプロジェクトに投資されていることを確認します。 Blockchain空間に登場するICOについて考えるとき、われわれの役割は、最も有用で、関連性が高く、収益性の高いICO投資、私たちと関連する分野、パートナーの弁護士と同様に、ユーザーと投資家にとって、暗号世界を評価することの1つになりますコンサルタント、専門家が適切な規制を講じていることを確認します。

トークン盗難に対する当社のソリューション

各トークンの販売は当社のシステムを通じて行われます。したがって、特権ユーザーアカウントを構成する際に、特定のセキュリティ対策を使用してトークン盗難のリスクを軽減します。これにより、私たちの市場で起こり得る偽装や上書きの可能性が排除されます。

詐欺に対する保護の保証

弁護士、税務コンサルタント、スペシャリスト、ユーザー、コミュニティユーザー*で構成された検証プロセスで、詐欺から逃れることができます。すべてのプロジェクトリーダーは、私たちのプラットフォーム(チーム向けのKYCプロトコル)を使用する前に、自分とチームを検証する必要があります。

間違った意思決定プロセスの防止

あなたが読んだり、見たり、信じたりすることは、あなたの利益だけでなく、日々の生活の脈動にも影響を与えます。したがって、私たちは、経験がほとんどないユーザーが、妥当で安全なICOのためのオープン投票システムにより、より良い投資決定を下すのを助けます。

チーム すべてを見る

Tobias Graf
Tobias Graf
CEO & Founder
Carina Graf
Carina Graf
CFO
Caner Filizer
Caner Filizer
CSO
Mrinal Sharma
Mrinal Sharma
CTO
Lokesh Ram
Lokesh Ram
Technical Team
Swapnil Deshmukh
Swapnil Deshmukh
Technical Team

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、