Hiway - ブロックチェーンの仕掛け求職市場

Hiwayは、ブロックチェーン産業に焦点を当てた求職市場です。 第4次産業革命の重要な柱である大きなデータ、ブロックチェーン、人工知能を基盤にしたプラットフォーム。 これらのイノベーションは、募集プロセスへの信頼を最終的に再構築し、差別の問題を根絶し、手数料を削減し、円滑な財務プロセスを可能にするプラットフォームを生み出します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WAY
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-12-01
最高目標
8,000,000 USD
初回価格
1 WAY = 0.14 USD
トークン供給数
5,000,000
公式サイトへ Owner of Hiway?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率62%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界は現在、求職者と雇用者を結ぶ雇用代理店やオンラインマーケットプレイスで満たされています。ほとんどの場合、ローカルで多少時代遅れのアプローチで運営されています。しかし、セクターは新しい働き方の準備ができています。 Hiwayは、接続を容易にするために構築されたプラットフォームです。必要とされるスキルを持っている人や、提供する仕事を持つ人なら誰でもアクセスできます。境界もない。    Hiwayプラットフォームは、マッチメイキングに役立つアドバンスAI技術を統合するために開発されます。このテクノロジは、仕事がデータベース内の任意の候補者に適しているかどうかを判断するためのパラメータを探します。完了したすべてのプロファイルと仕事を表示する評価システムが実装され、一種の「ハイウェイ履歴書」が作成されます。このシステムは、ブロックチェイン技術によって不変かつ検証可能であり、品質陪審制度を使用することにより、すべての関係者にとって公正で非差別的な市場を確保します。    伝統的な雇用市場とは異なり、当社のプラットフォームは、チームとしての他の人との作業や時間のボーナスなどのプロジェクト内の柔軟性を提供することができます。スマートコントラクトは、すべての関係者にとってはるかに正直で公正で柔軟な経験を生むパラメータを設定しています。効率の向上は避けられない。    Hiwayは、世界中の複数の言語で複数の業界が利用できるユーザーフレンドリーなプラットフォームを目指しています。包括的かつ使いやすいプラットフォームは、ブロックチェーン業界の成長を促進します。

チーム すべてを見る

Lars Rensing
Lars Rensing
Anthony Coscio
Anthony Coscio
Simon Rikmenspoel
Simon Rikmenspoel
Founder & Head of Product
Rob Barneveld
Rob Barneveld
Founder & Head of Operations
Thale Sonnemans
Thale Sonnemans
Founder & Creative Director
Tijs Gietman
Tijs Gietman
Head of Blockchain Technology & Full-Stack Developer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本