Hedge - スマートな投資家はリスクを冒さずヘッジします

Hedge Projectは、当社の主力製品であるCrypto Traded Indices(CTI)やさまざまな手段によるリスクヘッジを通じて、多様化の基盤となる理想的なプラットフォームの開発に注力しています。 私たちのプラットフォームは、暗号投資家が自信を持って市場にあるリスクを管理できるようにします。 さらに、Hedge Projectは暗号市場用専門指標のセットを使用しています。最初の指標が仮想通貨バスケット構築の基礎となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HDG
開始日時
2017-09-15
終了日時
2017-10-15
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Hedge?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day1 - 15%
  • Day 2 - 12%
  • Day 3 - 10%
  • Day 4 - 9%
  • Day 5 - 8%
  • Day 6 - 7%
  • Day 7 - 6%
  • Day 8 - 5%
  • Day 9 - 4%
  • Day 10 - 3%

概要

Hedge Project Platformにより、誰もが効率的かつアクセス可能な方法で暗号市場に参加できます。 Crypto Traded Indicesはすべての参加者の投資方法を変わります。 さらに、長期エクスポージャーと短期売却の可能性を含む商品は、プロジェクトの真価を把握し、投資家のヘッジ価値を解明するのに役立ちます。

仮想インデックス

公式ルールブックを持つ最初の商用仮想インデックス。 インデックスには公式のBitcoin価格インデックス、Crypto通貨Top 30インデックス、Crypto Assetsインデックスなどを含みます。定義した方法論と公式ルールブックはこれらのインデックスを暗号市場のベンチマークとして適用し、指標追跡手段の基盤となる。

インデックス手段

インストゥルメントはインデックスの価値に関わっていて、トレーディングに利用されます。最初に参照インデックスを追跡する仮想通貨のバスケットであるCrypto Traded Indices(CTI)を導入します。

暗号機器プラットフォーム

ヘッジプロジェクトは仮想市場に関心を持つ投資家のための「行き先」市場となるプラットフォームの導入に重点を置いています。プラットフォームは取引された暗号通貨、および市場調査、評価報告書などの他の関連する暗号市場情報、暗号資産と通貨に関する専門的に設計された指標へのアクセスを提供します。

チーム すべてを見る

Savo Lovsin
Savo Lovsin
Hedge Project Manager
Giovanni Lesna
Giovanni Lesna
Product development
Janez Benedik
Janez Benedik
Investment analyst
Kristjan Dekleva
Kristjan Dekleva
Investment analyst
Luka Gubo
Luka Gubo
Advisor
Gasper Stih
Gasper Stih
Brand manager

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本