Hedge - スマートな投資家はリスクを冒さずヘッジします

Hedge Projectは、当社の主力製品であるCrypto Traded Indices(CTI)やさまざまな手段によるリスクヘッジを通じて、多様化の基盤となる理想的なプラットフォームの開発に注力しています。 私たちのプラットフォームは、暗号投資家が自信を持って市場にあるリスクを管理できるようにします。 さらに、Hedge Projectは暗号市場用専門指標のセットを使用しています。最初の指標が仮想通貨バスケット構築の基礎となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HDG
開始日時
2017-09-15
終了日時
2017-10-15
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Hedge?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day1 - 15%
  • Day 2 - 12%
  • Day 3 - 10%
  • Day 4 - 9%
  • Day 5 - 8%
  • Day 6 - 7%
  • Day 7 - 6%
  • Day 8 - 5%
  • Day 9 - 4%
  • Day 10 - 3%

概要

Hedge Project Platformにより、誰もが効率的かつアクセス可能な方法で暗号市場に参加できます。 Crypto Traded Indicesはすべての参加者の投資方法を変わります。 さらに、長期エクスポージャーと短期売却の可能性を含む商品は、プロジェクトの真価を把握し、投資家のヘッジ価値を解明するのに役立ちます。

仮想インデックス

公式ルールブックを持つ最初の商用仮想インデックス。 インデックスには公式のBitcoin価格インデックス、Crypto通貨Top 30インデックス、Crypto Assetsインデックスなどを含みます。定義した方法論と公式ルールブックはこれらのインデックスを暗号市場のベンチマークとして適用し、指標追跡手段の基盤となる。

インデックス手段

インストゥルメントはインデックスの価値に関わっていて、トレーディングに利用されます。最初に参照インデックスを追跡する仮想通貨のバスケットであるCrypto Traded Indices(CTI)を導入します。

暗号機器プラットフォーム

ヘッジプロジェクトは仮想市場に関心を持つ投資家のための「行き先」市場となるプラットフォームの導入に重点を置いています。プラットフォームは取引された暗号通貨、および市場調査、評価報告書などの他の関連する暗号市場情報、暗号資産と通貨に関する専門的に設計された指標へのアクセスを提供します。

チーム すべてを見る

Savo Lovsin
Savo Lovsin
Hedge Project Manager
Giovanni Lesna
Giovanni Lesna
Product development
Janez Benedik
Janez Benedik
Investment analyst
Kristjan Dekleva
Kristjan Dekleva
Investment analyst
Luka Gubo
Luka Gubo
Advisor
Gasper Stih
Gasper Stih
Brand manager

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi