Hedge - スマートな投資家はリスクを冒さずヘッジします

Hedge Projectは、当社の主力製品であるCrypto Traded Indices(CTI)やさまざまな手段によるリスクヘッジを通じて、多様化の基盤となる理想的なプラットフォームの開発に注力しています。 私たちのプラットフォームは、暗号投資家が自信を持って市場にあるリスクを管理できるようにします。 さらに、Hedge Projectは暗号市場用専門指標のセットを使用しています。最初の指標が仮想通貨バスケット構築の基礎となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HDG
開始日時
2017-09-15
終了日時
2017-10-15
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Hedge?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day1 - 15%
  • Day 2 - 12%
  • Day 3 - 10%
  • Day 4 - 9%
  • Day 5 - 8%
  • Day 6 - 7%
  • Day 7 - 6%
  • Day 8 - 5%
  • Day 9 - 4%
  • Day 10 - 3%

概要

Hedge Project Platformにより、誰もが効率的かつアクセス可能な方法で暗号市場に参加できます。 Crypto Traded Indicesはすべての参加者の投資方法を変わります。 さらに、長期エクスポージャーと短期売却の可能性を含む商品は、プロジェクトの真価を把握し、投資家のヘッジ価値を解明するのに役立ちます。

仮想インデックス

公式ルールブックを持つ最初の商用仮想インデックス。 インデックスには公式のBitcoin価格インデックス、Crypto通貨Top 30インデックス、Crypto Assetsインデックスなどを含みます。定義した方法論と公式ルールブックはこれらのインデックスを暗号市場のベンチマークとして適用し、指標追跡手段の基盤となる。

インデックス手段

インストゥルメントはインデックスの価値に関わっていて、トレーディングに利用されます。最初に参照インデックスを追跡する仮想通貨のバスケットであるCrypto Traded Indices(CTI)を導入します。

暗号機器プラットフォーム

ヘッジプロジェクトは仮想市場に関心を持つ投資家のための「行き先」市場となるプラットフォームの導入に重点を置いています。プラットフォームは取引された暗号通貨、および市場調査、評価報告書などの他の関連する暗号市場情報、暗号資産と通貨に関する専門的に設計された指標へのアクセスを提供します。

チーム すべてを見る

Savo Lovsin
Savo Lovsin
Hedge Project Manager
Giovanni Lesna
Giovanni Lesna
Product development
Janez Benedik
Janez Benedik
Investment analyst
Kristjan Dekleva
Kristjan Dekleva
Investment analyst
Luka Gubo
Luka Gubo
Advisor
Gasper Stih
Gasper Stih
Brand manager

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ