Valorem Foundation - 融資と投資のための使いやすいプラットフォーム

Valorem Foundationの目標はメインストリームだけでなく暗号のコミュニティにとっても使いやすいプラットフォームを提供することです。Valorem FoundationのVLRトークンはこれまでに変わるプラットフォームのユーティリティトークンです。 Valorem Foundationはマイクロローン、学生ローン、自動車ローン、P2Pネットワーク、ビジネス投資、クラウドファウンディング、商品の購入/販売、保険、チャリティーなどの特徴があるユニークなプラットフォームを開発しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLR
開始日時
2017-11-10
終了日時
2018-01-11
最低目標
45,000,000 USD
最高目標
60,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,000 VLR
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Valorem Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1-2 - 50%
  • Week 3-4 - 20%
  • Week 5-6 - 15%
  • Week 7-8 - 10%
  • Week 9-10 - 5%

概要

毎日、仮想通貨はますます多くのトークンで出てきています。いくつかの付加価値のある開発トークンを除いて、常に拡大しているコインは、プラットフォームへの真の価値帰属がなく、約束どおりに実現することができない、経験の浅い商人によるスペースを埋めるものです。私たちは現在1000以上のトークンを持っていますが、その多くは仮想通貨に価値を追加していません。ここ数年、今日の金融社会のすべての特徴を網羅できるプラットフォームと送金方法の真の必要性が浮上してきました。私たちの世界的な景観は、一時的な流行や縫い目ではなく、商業手段や市場への参加のための真の価値があると認識されなければなりません。

ソリューションはValoremです。これは、ユーザーがブロックチェーンでサポートされている分散環境に参加することを可能にし、VLRというERC-20トークンを介してスマートコントラクトで固めた価値あるプラットフォームです。 Valoremは、プラットフォームのユーザーがVLRトークンの購入、売却、投資、交換の機能をサポートできる絶えず拡大するグローバル市場に参加することを可能にします。すべてのトランザクションは、ゼロコインプロトコルを介してブロックチェーンに検証され、格納されます。 Valoremは、私たちが想像している空白のキャンバスであり、マイクロローンから保険、投資、そしてその間のあらゆるものまで、ユーザーが日々の生活の中で必要とする今後の取引を包括することができるでしょう。 Valoremはメガプラットフォームとなり、ますます多くのユーザーに利用されます。私たちの目標は、今日存在する集中化されたネットワークとサービスのいずれかを必然的に修正および/または置き換え、分散環境に移行することです。

価値を失う現在の決済通貨とは異なり、ValoremのトークンVLRは、供給が限られており、取引と取引の量が多いため、価値が上昇します。

Valoremは、John Galtが構築したものとあまり変わらない、オールインクルーシブのエンジンとして開発されています。それは分散的に機能し、業界を混乱させ、専らそれが提供する人々の創造性と創意工夫によって加速されるでしょう。

チーム

VAL KLEYMAN
VAL KLEYMAN
CEO & FOUNDER
HARINDERJIT SINGH
HARINDERJIT SINGH
Head of Wed & Design Development
NAVDEEP GARG
NAVDEEP GARG
Head of Platform Development
ANURAG MAKOL
ANURAG MAKOL
Lead Developer of Valorem Platform

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[