Valorem Foundation - 融資と投資のための使いやすいプラットフォーム

Valorem Foundationの目標はメインストリームだけでなく暗号のコミュニティにとっても使いやすいプラットフォームを提供することです。Valorem FoundationのVLRトークンはこれまでに変わるプラットフォームのユーティリティトークンです。 Valorem Foundationはマイクロローン、学生ローン、自動車ローン、P2Pネットワーク、ビジネス投資、クラウドファウンディング、商品の購入/販売、保険、チャリティーなどの特徴があるユニークなプラットフォームを開発しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLR
開始日時
2017-11-10
終了日時
2018-01-11
最低目標
45,000,000 USD
最高目標
60,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,000 VLR
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Valorem Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1-2 - 50%
  • Week 3-4 - 20%
  • Week 5-6 - 15%
  • Week 7-8 - 10%
  • Week 9-10 - 5%

概要

毎日、仮想通貨はますます多くのトークンで出てきています。いくつかの付加価値のある開発トークンを除いて、常に拡大しているコインは、プラットフォームへの真の価値帰属がなく、約束どおりに実現することができない、経験の浅い商人によるスペースを埋めるものです。私たちは現在1000以上のトークンを持っていますが、その多くは仮想通貨に価値を追加していません。ここ数年、今日の金融社会のすべての特徴を網羅できるプラットフォームと送金方法の真の必要性が浮上してきました。私たちの世界的な景観は、一時的な流行や縫い目ではなく、商業手段や市場への参加のための真の価値があると認識されなければなりません。

ソリューションはValoremです。これは、ユーザーがブロックチェーンでサポートされている分散環境に参加することを可能にし、VLRというERC-20トークンを介してスマートコントラクトで固めた価値あるプラットフォームです。 Valoremは、プラットフォームのユーザーがVLRトークンの購入、売却、投資、交換の機能をサポートできる絶えず拡大するグローバル市場に参加することを可能にします。すべてのトランザクションは、ゼロコインプロトコルを介してブロックチェーンに検証され、格納されます。 Valoremは、私たちが想像している空白のキャンバスであり、マイクロローンから保険、投資、そしてその間のあらゆるものまで、ユーザーが日々の生活の中で必要とする今後の取引を包括することができるでしょう。 Valoremはメガプラットフォームとなり、ますます多くのユーザーに利用されます。私たちの目標は、今日存在する集中化されたネットワークとサービスのいずれかを必然的に修正および/または置き換え、分散環境に移行することです。

価値を失う現在の決済通貨とは異なり、ValoremのトークンVLRは、供給が限られており、取引と取引の量が多いため、価値が上昇します。

Valoremは、John Galtが構築したものとあまり変わらない、オールインクルーシブのエンジンとして開発されています。それは分散的に機能し、業界を混乱させ、専らそれが提供する人々の創造性と創意工夫によって加速されるでしょう。

チーム

VAL KLEYMAN
VAL KLEYMAN
CEO & FOUNDER
HARINDERJIT SINGH
HARINDERJIT SINGH
Head of Wed & Design Development
NAVDEEP GARG
NAVDEEP GARG
Head of Platform Development
ANURAG MAKOL
ANURAG MAKOL
Lead Developer of Valorem Platform

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は