GreenXネットワークは、リスクを軽減した再生可能エネルギープロジェクトへの投資から利益を得ることを目的としたブロックチェーンエコシステムです。再生可能エネルギープロジェクトに対する投資需要が高いために創設されましたが、 資金援助を受ける際に困難に直面します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GEX
開始日時
2018-05-15
終了日時
2018-07-31
最低目標
2,500 ETH
最高目標
225,000,000 GEX
初回価格
1 GEX = 0.20 USD
トークン供給数
225,000,000
公式サイトへ Owner of GreenX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

投資家の利益

広範な資金提供を必要とせずに収益性の高い環境にやさしいプロジェクトへのアクセス。 国境や法律上の制限なしに世界中のプロジェクトに貢献することができます。 高いレベルのプライバシー保護。 プロフェッショナルデューデリジェンスとA.I. 各投資のリスクレポート。

チーム すべてを見る

Duy Nguyen
Duy Nguyen
Founder & CEO
Florian Wegmann
Florian Wegmann
Investor Relations
Vu Duong
Vu Duong
Founder & CTO
Teresa Dang
Teresa Dang
Chief Marketing Manager
Gabriel Dinh
Gabriel Dinh
Product Manager
Tung Kieu
Tung Kieu
A.I. Scientist

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、「スキャムプロジェクトOneCoin」のマネーロンダリング調査開始

    日刊スポーツの報道によると2月12日逮捕された「メディアハーツ」(現ファビウス)の前社長、三崎優太被告(30)が16日懲役2年が求刑された。三崎氏は約1億8000万円の脱税で法人税法違反の罪に問われていた。「青汁王子」と知られている三崎氏は広告費と偽って会社の資金を知人が経営する会社に送金させる方法で脱税を行っていた。脱税した不正資金は株式や仮想通貨の購入などに使ったとのこと。三崎氏は「仮想通貨『ICO投資』ってやつで10万円を2億円にしてみた」や「仮想通貨ICO投資で50億円稼ぐ」という本の著者であり、テレビ番組にも出演していた。同氏はツイッターを通じ、焼き鳥店でアルバイトとして勤務している
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい